騙される方が悪いのか

0 Comments


振り込め詐欺などに遭って多額のお金を騙し取られたという方もいらっしゃるかもしれませんが、人に騙されやすい人というのは、人を思いやることのできる優しい性格の持ち主かと思います。
しかし、詐欺でなくとも、なるべくなら人に騙されずに済ませたいものです。
騙されないようにする方法はあるのでしょうか。

 

■騙す方も悪いが、騙される方にも責任はある

人を騙すような行為は良くないことではありますが、簡単に他人を信用して騙される人にも責任はあります。
これは、弱肉強食の世界と同様です。

ライオンがうさぎを襲って食べるのは、ライオンが悪いのでしょうか?
もし、ライオンが悪と言うなら、魚や鳥や豚などを殺して食べる人間は、全員極悪人です。

ライオンは生きるためにうさぎを食べます。
うさぎは何も悪いことはしていませんが、生き延びるためには、自分で自分の身を守るしかありません。

詐欺なども同じようなものです。
詐欺をするような人は、自分が生きるために、他人を騙してお金を得ています。
法を犯しているかいないかの違いだけで、詐欺という仕事をしているのです。

我々が詐欺に騙されないためには、自分で自分の身を守るしかないのです。
もちろん、詐欺師は法を犯していますので、警察は味方をしてくれますが、詐欺行為は警察が出てくる前に行われます。

電話などで詐欺と気づけば、警察に通報し、被害を食い止めることができますが、気づかなければ騙されてしまうでしょう。
詐欺を撃退するためにも、知識や知恵を身につけ、家族であっても簡単に信用しない注意深さなども必要です。

 

■知識や知恵を身につける

詐欺などは、以前にも増してどんどん手口が巧妙化しています。
それに対する防犯や対策も進化してはいますが、結局イタチごっことなっています。

我々はどういった詐欺の手口が過去にあったかや、その対策方法を学んでおくことで、被害を避けなくてはなりません。
まぁ、こういったことを自分で調べたり学んだりする人は、注意力が高い人ですので、なかなか詐欺にひっかかったりはしないと思いますが、自分だけは詐欺にひっかからないと思い込んで何も学ばない人の方が危ないと言えるでしょう。

本やインターネットなどで調べるのが最も良いですが、なかなかそういったことをするのは誰しも面倒ですし、なかなかその気になりませんので、新聞やテレビのニュースだけでも毎日チェックするようにしましょう。
ニュース番組内で、最近の詐欺の手口や対策を特集することがありますので、そういったもので学んでおくと良いと思います。

詐欺の手口と対策を知っていれば、自分に魔の手が及んでも、ひっかかる確率は低くなります。
自分だけは詐欺にひっかからないと思っている人も多いと思いますが、被害に遭った人の中にはそういった考えだった人も多いので、全く詐欺とは思っていなかったのに、実は詐欺だったというケースもあるのです。

まずは、親しい人であっても、頼み事をしてきた時には、一度、疑ってみるということも必要でしょう。
また、お金を支払う際は、自分から行う買い物や投資であっても、詐欺の可能性はないかを疑ってみる必要があります。
疑いすぎるのも良くありませんが、用心するに越したことはないでしょう。

 

■人を100%は信じないこと

誰かが頼み事をしてきた場合、すぐに信じて言う通りにするのは危険でしょう。
どんなに親しい人であっても、一瞬だけでも本当かどうかを疑う必要はあります。

ただし、疑いすぎては信頼関係にヒビが入る可能性があるので、疑っていることを悟られないようにしましょう。
親しい人であれば信用できるのですが、その人が他の人に騙されている可能性もあるのです。
その場合、悪気がなくあなたに何かを要求していますので、
「お前、騙されていないか?」
と聞いてみるのも良いと思います。

逆にどんな疑わしい人であっても、100%信じないというのも良くありません。
理不尽な要求であっても、真実を言っている場合もあります。

信じすぎず、疑いすぎずを心がけましょう。
普段からそれを忘れなければ、注意力が高まると思います。

 

■裏切られた時のことを想定しておく

どんなに信用できる人であっても、裏切られたり、またはその人に裏切るつもりがなくても、頼んだことを失敗してしまって、うまくいかなくなってしまう場合もあります。
ですので、何か人に頼み事をした場合は、ダメだった場合を想定しておく必要があります。

人に裏切られた時のショックは大きいですが、裏切られた後の行動やフォローを考えて、それを実行するようにすれば、ダメージも小さくなるでしょう。
頭の良い人は、その裏切りを逆に利用することも考えるものです。
これは各国の戦国時代にもよく使われてきました。

裏切られると分かった上で、引き止めるのではなく、あえて裏切らせて逆に利用するのです。
あまり現在の人間関係で、そういったことをするのは難しいとは思いますが、そのくらいのことを考えて生活していれば、注意力も高まり、危険を回避できるようになるかもしれません。

 
詐欺行為や裏切りに遭った時は、ショックが大きいものです。
そうなる前に、知識や知恵を身につけておき、注意力を高め、回避できるように準備しておきましょう。

 



関連記事

トラブルに遭った時2

痴漢の冤罪予防

痴漢の冤罪に遭った時

トラブルに遭った時

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。