歩行者は左右どちらを歩くべきか

0 Comments


※この記事は過去の記事からの再掲載となります。

 

■歩行者はどこを歩くべきか

皆さんは道を歩く時、どこを歩くべきかを意識したことはありますでしょうか?
普段、何も考えずに歩道を歩いているという方が多いと思いますが、歩道のどこを歩くべきかというのを意識しておいた方が良いかと思います。

以前も記事に書きましたが、日本では歩道の左側を歩くべきです。
これを守らない人が非常に多く、私も歩くのに苦労しているのですが、ぜひとも皆さんに守っていただきたいものです。

守ると言っても、ルールで定められているわけではありませんし、何の罰則もありませんが、日本では車が左側通行ですので、歩行者も左側を歩くべきです。
これは、車道を挟んで左側ということではなく、歩道の中で左側という意味です。

なぜ左側を歩くべきかと言えば、前回も書きましたが、右側を歩いた場合、人とすれ違う時に、狭い歩道だと車道にはみ出てしまうという時に、車道側の人は後ろから車が来ることになり、車と接触してしまうことがあるからです。

そうでなくとも、何らかの理由で車が歩道に突っ込んできた場合、車道側の右側を歩いていると非常に危険になります。
左側を常に歩いていれば、車道側の人も車が前から来ることになりますので、何らかの避けるアクションを取ることができますが、後ろからの場合は気づかないこともあるかと思います。

他の国では、車が右側通行の国もありますので、そういったところは歩行者も右側通行が良いかと思います。
では、なぜ日本は左側通行なのでしょうか?

諸説ありますが、江戸時代までは侍が刀を腰にぶら下げていて、当時も右利きの人が多かったのですが、右利きの人は、左の腰に刀をぶら下げることになります。
この状態で右側を通ると、狭いところでは人とすれ違う時に刀同士がぶつかってしまうから、左側を通るようになったという説があります。

日本では、電車の構内で右側通行になっているところも多く、歩道でも右側を歩く人が多いのですが、左側通行を守っている人には結構な迷惑となってしまうので、もし何も意識していないという方がいらっしゃったら、左側通行を意識して歩いていただければと思います。

 



関連記事

蒸れない冷え性対策

生活の知恵20

心を強くする方法

生活の知恵19

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。メールアドレスを入力すると、返信があった時に通知されます。
※が付いている欄は必須項目です。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。