歩行者は左右どちらを歩くべきか

4 Comments


※この記事は過去の記事からの再掲載となります。

 

■歩行者はどこを歩くべきか

皆さんは道を歩く時、どこを歩くべきかを意識したことはありますでしょうか?
普段、何も考えずに歩道を歩いているという方が多いと思いますが、歩道のどこを歩くべきかというのを意識しておいた方が良いかと思います。

以前も記事に書きましたが、日本では歩道の左側を歩くべきです。
これを守らない人が非常に多く、私も歩くのに苦労しているのですが、ぜひとも皆さんに守っていただきたいものです。

守ると言っても、ルールで定められているわけではありませんし、何の罰則もありませんが、日本では車が左側通行ですので、歩行者も左側を歩くべきです。
これは、車道を挟んで左側ということではなく、歩道の中で左側という意味です。

なぜ左側を歩くべきかと言えば、前回も書きましたが、右側を歩いた場合、人とすれ違う時に、狭い歩道だと車道にはみ出てしまうという時に、車道側の人は後ろから車が来ることになり、車と接触してしまうことがあるからです。

そうでなくとも、何らかの理由で車が歩道に突っ込んできた場合、車道側の右側を歩いていると非常に危険になります。
左側を常に歩いていれば、車道側の人も車が前から来ることになりますので、何らかの避けるアクションを取ることができますが、後ろからの場合は気づかないこともあるかと思います。

他の国では、車が右側通行の国もありますので、そういったところは歩行者も右側通行が良いかと思います。
では、なぜ日本は左側通行なのでしょうか?

諸説ありますが、江戸時代までは侍が刀を腰にぶら下げていて、当時も右利きの人が多かったのですが、右利きの人は、左の腰に刀をぶら下げることになります。
この状態で右側を通ると、狭いところでは人とすれ違う時に刀同士がぶつかってしまうから、左側を通るようになったという説があります。

日本では、電車の構内で右側通行になっているところも多く、歩道でも右側を歩く人が多いのですが、左側通行を守っている人には結構な迷惑となってしまうので、もし何も意識していないという方がいらっしゃったら、左側通行を意識して歩いていただければと思います。

 



関連記事

トイレが詰まった時

このエントリーをはてなブックマークに追加

4 件のコメント 歩行者は左右どちらを歩くべきか

  1. ニックネーム より:

    右側を歩いた場合、人とすれ違う時に、狭い歩道だと車道にはみ出てしまう…って、そんな狭い歩道ならすれ違いのときに道路よりの人ははみ出す側にはよりませんよ。それより歩道のない道路での歩行者の左側通行を増やすことの原因になっている。習慣になって右側を歩こうとしない。交差点で例えば南北方向が歩道アリ、東西方向では歩道ナシだとすると 見通しが悪いと歩行者どおしが接触してしまうリスクが高いのは歩道を左側を歩いた場合です。また歩道を通る自転車も車道の左側通行があるため右側通行を避けるため歩道の左側を通る場合のほうが多くなるので歩行者は右側のほうが安全です、歩道のある道路と無い道路が交差点などで接続する場合も齟齬が生じないのは右側通行です
    左側通行は戦後の改正前までの残滓です ルールを変えたのですから、マナーも合わせたほうがよい。駅構内が左側通行が多いのは、自動車などを右側通行にせよ、というGHQの要求を断ったときGHQの体面を保つため駅構内だけは譲歩したからです。本来は歩行者右側通行を全面的に原則とするはずだったのです。

    • 管理人 より:

      コメントいただきまして、ありがとうございます。

      そうなんですよね。
      戦後のGHQによって、現在は歩行者のみ右側通行が原則となっているようです。

      ただ、私は怖くて右側を歩けません。
      すれ違う時に、右側通行して車道側になる時は、右後ろを常に気をつけて歩いています。

      車も自転車も左側通行なのだから、歩行者も当然左側を歩かないと危ないというのが、私の意見です。

      コメントいただいたように、歩道では自転車が左側通行なので、歩行者は右側を歩いた方が安全というのも分かりますが、歩道は歩行者優先ですから歩行者が左側通行でも危険というわけではないと思います。

      見通しが悪い交差点で・・というのも、左右を逆にすれば右側通行でも歩行者同士の接触の危険はあるのは同じはずです。
      なので、原則も歩行者は左側通行の方が良いように思うのですが、やはり習慣化していると難しそうですね。

  2. ニックネーム より:

    見通しが悪い交差点で・・というのも、左右を逆にすれば右側通行でも歩行者同士の接触の危険はあるのは同じはずです
    →違います、図を書いてみて下さい
    東西に歩道がある道路、南北に歩道がない道路
    東から西に 南側歩道を左側通行で歩く人 南から歩道のない道路を歩く人 (当然右側通行しています) この2人が交差点ですれ違う場面を思い浮かべてください。見通しが悪くタイミング次第では出会い頭になる可能性が高いでしょ、歩道を右側通行している場合よりも
    こういう具体的な場面を想定していろんなケースを検討すると、歩道も右側通行にするほうが安全性も利便性も高い場合が多くあり、逆に良くないケースは ありません。私は実際歩くときにこういった検証を時おり考えているのですから、経験上歩道は右側通行のほうが合理的だと確信しています。それに歩道の左側通行は 歩道のない道路での左側通行をより増やす原因にもなっています、良くないですよね

    • 管理人 より:

      ご返信いただきまして、ありがとうございます。

      > 東西に歩道がある道路、南北に歩道がない道路
      > 東から西に 南側歩道を左側通行で歩く人 南から歩道のない道路を歩く人
      > (当然右側通行しています)

      このケースだと、左側通行が原則であれば、南から歩道のない道路を歩く人が左側通行なので、ぶつからないですね。

      右側通行が原則なら、おっしゃる通り左側通行をしたらぶつかるリスクはあります。
      現在は、歩行者のみ右側通行が原則ですので、左側通行はしない方が良いのは承知しております。

      むしろ、問題なのは、東から来たのが自転車の場合です。
      自転車は左側通行ですので、歩行者が原則の右側通行だとすると、見通しの悪い交差点で自転車と歩行者が接触する可能性は高くなります。
      実際このような事故は昔から多くあり、報告されないケースも含めると相当な件数になるそうですが、歩行者も原則左側通行にすれば、この手の事故は激減すると考えられます。

      また、都会など歩道が広いところではあまり危険はないかもしれませんが、田舎などでは車道2車線に対して歩道が白線のみで非常に狭いところが多く、その歩道の中で人とすれ違う時に右側通行をすると、車道側の人が後ろから来る車に接触する危険がありますので、私は車が左側通行なら、歩行者も左側通行をするべきではないかとは思います。
      (まぁ、車道を挟んで右側通行をしろということであればその心配はないのですが、歩行者ですので、車道の右側を一方通行というわけにもいきませんよね)

      しかし、ニックネーム様のように右側通行が良いという方もいらっしゃいますし、原則としては歩行者のみ右側通行という戦後からのルールがありますので、やはり左側通行を原則とするのは難しそうですね。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。メールアドレスを入力すると、返信があった時に通知されます。
※が付いている欄は必須項目です。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。