仕事術を身につける

0 Comments


長い人生を生きていく上で、仕事は切っても切り離せません。
人生の大半の時間を仕事に捧げるわけですから、仕事をいかに効率化するかは重要なことです。
知っておいた方が良い仕事術をご紹介します。

 

■仕事をする環境を整える

仕事に取り掛かる前に、仕事をする環境を整えることは大切なことです。

机の上が、書類で山積みになっていたり、パソコンの中のファイルがバラバラに置いてあっては、仕事が捗りません。
仕事を始める前に、仕事を快適にできる環境を整える習慣を身につけましょう。

意外とこれを行わずに、1秒でも早く仕事に取り掛かろうとする人が多いようですが、急いでいる時でも、まず仕事を快適にできる環境を整えてから、仕事に取り掛かった方が、効率よく仕事ができることが多いものです。

人によっては、ちらかっている方が仕事に集中できるという人もいらっしゃるようですが、整理されていない書類から必要な書類を取り出したり、乱雑に保存されたパソコンのファイルの中から必要なファイルを取り出したりするのは、時間がかかってしまい、明らかに効率が悪いと言えます。

朝出社したら、机やパソコンを掃除したりすると、頭も冴え、仕事も快適にできるようになります。
仕事のやる気が出なかったら、ちょっとした掃除をしたり、パソコンのハードディスクを整理したりすると、やる気が出るということもあるようです。

また、どんな仕事でも計画を立てると、効率化をアップさせることができます。
プロジェクトに計画は不可欠ですが、1日のスケジュールでも、どんなことをするのかをきちんと計画を立てておくと良いでしょう。
ToDoリストや、スケジュール管理などを活用しましょう。

 

■集中法

仕事に集中するというのも、なかなか難しいものです。

人間の集中力は、2時間が限界と言われています。
長く集中力を維持するためには、休憩などをきちんと取ることも必要です。

可能であれば、音楽を聞きながら仕事をすると良いでしょう。
会社によってはできないかもしれませんが、問題なければ、周囲に迷惑がかからないよう、イヤホンで音楽を流します。

音楽は、自分の好きな曲で良いのです。
気分が高まり、仕事が集中できる曲が良いでしょう。

人は無音だと、逆に小さな音が気になってしまい、集中が途切れてしまう場合があるので、適度な音楽があった方が良いのです。
もちろん、人によっては、静かな方が仕事に集中できるという人もいらっしゃると思いますので、そういった方は、耳栓などで音を遮るようにすれば良いでしょう。

また、雑念があると集中できません。
ToDoリストに、仕事でやるべきことを全てリストアップしていれば、他の仕事のことを忘れて、今の仕事に集中することができますので、活用しましょう。

 

■人に頼る

分からないことがあったら、なるべく先輩や上司に聞くようにしましょう。
会社のことや、書類上のことは、上司に聞くのが一番早いです。

また、仕事に関することは、先輩や同僚に相談しましょう。
周囲の人も、自分が頼られるのは、悪い気がしないものです。

しかし、あまりに頼りすぎるのも良くありません。
相談するということは、その人の時間を取ることになりますので、同じ人に頻繁に相談をすると、その人の仕事の時間も取られ、段々と迷惑と思うようになってしまいます。

特に、仕事がデキる人ほど、多量の仕事を抱え込んでいて、忙しいものです。
質問や相談を適度にするのは良いのですが、あまり頼りすぎないように、注意しましょう。

相談する人を変えたり、自分でインターネットなどで解決できないかなども検討しましょう。

ただ、注意してほしいのは、自分で解決できるからと、人に全く頼らないというのは危険ということです。
会社にはその会社のルールがあるので、自分がこれで良いと思っていても、実は違う会社のルールがあって、後から上司に怒られる場合もあります。

また、インターネットで何時間もかかってようやく解決したことも、先輩に聞いたら1分で解決できていたということもよくあることです。

何か聞きたいことがあったら、人に聞くべきか、自分で解決すべきかを、都度考えてから判断するようにしましょう。

 

■失敗した時

人間である以上、失敗は必ずあります。
どんなに注意していても、人間は機械ではないのですから、ミスは出てくるものです。

問題は、失敗した後のフォローです。
失敗した時は、誠心誠意で謝り、全力でフォローしましょう。

例えば、軽いミスで言えば、寝坊してしまって会議に出られなかった時などは、とにかく上司や関係者に謝って、どういった会議だったかを聞いたり、その後どうすれば良いかを聞くことです。

大きなミスで、見積金額を間違えてお客様に出してしまった場合などは、お客様に謝るだけでなく、ちょっとした贈り物を送ったり、サービスを付加するなどすれば、逆に好印象を与えることができます。

人間である以上、仕事で失敗することは仕方のないことです。
失敗を恐れていては、何もできませんので、失敗を最小限にすることを心がけて仕事を進めましょう。
そして、失敗をしてしまったら、全力でフォローすれば、周囲の人も許してくれるものです。

このように、仕事をするにも色々とコツがあります。
仕事を効率化し、快適に仕事ができるようにしましょう。
また、トラブルにぶつかったら、どうするのが最善かを頭をフルに活用して考え、乗り切るようにしましょう。
 



関連記事

人の立場に立つ

リーダーの素質

情報収集のコツ

仕事の知恵

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。