知識を得る方法

0 Comments


頭の良い人間に近づくには、知識を得ることも重要です。
知識を得るには、常に意識して生活する必要があります。
知識を得るためにすべきことは何でしょうか。

 

■本やインターネットから知識を得る

本やインターネットは、知識の宝庫です。

本は、小説などでも良いですが、ノウハウ本や、自己啓発本などを積極的に読むようにしましょう。
役に立つ本は、そのまま知識として蓄えておくことができます。

勉強と言うと、嫌がる人も多いと思いますが、勉強というのは、子供だけがすべき事ということではありません。
大人になってからも勉強を続けている人と、続けていない人では、雲泥の差が出てきます。
得た知識は、生活にも役に立ちますし、出世にも響きますので、その人の経済力にも関わってくるでしょう。

知識は多ければ多いほど良いのです。
知識が多すぎて荷物になることはありません。
覚えきれないものは、メモをしておくなり、本をスキャンしておくなりしておけば良いのです。

インターネット上にも様々な情報があり、辞書や百科事典も無料で利用できます。
困ったことがあったりしても、検索すれば、たくさんのサイトで解決策を出してくれます。

単に知識を得たい場合は、生活の知恵とか、仕事術とかで検索すれば、そういった知識をまとめたサイトが出てきます。
これらを活用しない手はありません。

また、テレビからも知識を得ることができます。
情報番組やニュースなど、役に立つ番組を見るようにしましょう。

 

■会話から知識を得る

知人との会話からも知識を得ることがあります。
何気ない会話をしていても、勉強になることを教わったり、ふと自分に役に立つことが聞けたりするものです。

会話する相手も、なるべく頭の良い人だと、色々なことを教わることができます。
なるべく頭の良さそうな人と付き合うようにしましょう。

また、会話中に分からない言葉があったら、すぐに聞きましょう。
「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」です。
後で、家に帰ってからインターネットなどで調べても良いのですが、忘れてしまう場合もありますし、その後の会話が分からなくなる場合があるので、差し支えなければ、すぐに聞きましょう。

これは、何か知らない言葉を見た時も同じです。
例えば、本屋さんを歩いていた時に、本のタイトルに分からない言葉が見つけたりしたら、すぐに辞書やインターネットで調べるなどすると、そのまま知識として得られます。
スマートフォンなどを持っていれば、その場で辞書アプリやインターネットを使えます。

そうやって知識を得ていくと、いつの間にか知識人になっている、という日も近いでしょう。

 

■経験から知識を得る

「よく学べ、よく遊べ」とはよく言ったもので、勉強だけしていても、頭でっかちになってしまうだけです。
勉強で得た知識を活かすのも、家の中にいたのではできませんし、様々な経験をしなければ、知識を活かすこともできません。
仕事や趣味などの遊びを通じて、知識を得たり活かしたりできるのです。

旅行に行くというのも、知識を得るのに役立つでしょう。
色々な人に触れたり、大自然に包まれたりすることで、得るものもあります。

特に海外旅行に行くと、日本にしかないものが分かったり、日本で常識だったものが、海外では当たり前ではないことに気づくものです。
また、自分が本当に好きな事が見つかることもあります。

旅行は知識だけでなく、色々な発見がありますので、時間を作ってでも行くと良いでしょう。
時間がない場合は、近場の日帰り旅行でも良いのです。
時には頭を休めて、気分転換をして、たくさん知識を得られるようにしましょう。

 

■頭を成長させることを意識する

日常生活でも、常に頭を使うことを意識しましょう。

「この本は勉強になりそうだな」
とか
「このテレビ番組は役に立ちそうだ」
など、知識になりそうな物事に触れるようにすると、それが習慣となり、頭の良い人に近づいていくでしょう。

また、スマートフォンやインターネットなど、世の中には役に立つものがたくさんありますので、これらを駆使して、知識を得るようにすると良いと思います。

分からない事を分からないままにしておくと、一生分からないままです。
知らない言葉をすぐに調べる習慣をつけておくと、いつの間にか膨大な知識となり、人生の基盤となり、生活の糧となっていくでしょう。
 



関連記事

世の中は公平なのか

リーダーの素質

相手の心理を読む方法

見抜く力をつける

注意力を身につける

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。