政治について思うこと9

0 Comments

img
先日、首相が衆議院を解散したことで、新政党など様々な動きがありますが、今回の選挙は、一言私に言わせていただければ、時間と税金の無駄としか言いようがありません。
現在は頭の良い政治家が一人もいないため、正直どの政党が実権を握ろうが大差なく、日本が良くなることはないということです。
今政治に必要なのは、新政党ではなく、頭の良い人材と言えるでしょう。
さて、今回は政治について私が思うことを、少し古い出来事の分も含めていくつか書かせていただこうと思います。

 

■アメリカの白人至上主義

少し前ですが、アメリカで白人至上主義者と反対派の衝突があり、トランプ大統領が両者を批難したことで、トランプ大統領自身も批判を浴びることになりました。
トランプ大統領は、国籍で差別をして入国拒否命令を出していることから、トランプ大統領自身が白人至上主義者なのは間違いなく、自分で自分を批判していることが笑止千万でした。

アメリカの歴史で黒人を奴隷として扱っていたことなどから、白人至上主義者が出てしまうことは仕方のないことではあるのですが、これだけインターネットが普及して、世界の考え方として、差別するというのが人道的に反するという状況なのに、未だにこういった考えに至ってしまうのは、時代遅れとも言えます。

もちろん、差別したくなくとも、差別があるということは分かっています。
日本でも難民の受け入れは、基本的に拒否していますし、身近な差別であれば、男女間の差別が日常にも存在しています。

ただ、白人至上主義というのは、度が行き過ぎているということです。
難民の受け入れを拒否するのは、テロや経済面などから日本を守るためでもあり、トランプ大統領のように国籍で差別しているわけではありません。

男女差別も、体力の弱い女性を守るためにやむを得ないものもあります。
また、就職で女性が不利というのも、男性の方が長い歴史の中で、知力が高くなるようにできているからであり、差別というよりも、能力重視の結果とも言えます。

対して、白人至上主義というのは、黒人を奴隷として扱ってきた歴史から、白人は黒人よりも優れているという間違った認識から生まれているものです。
データを取れば、平均的には白人の方が優れているという結果は出るかもしれませんが、だからと言って、黒人の扱いを悪くしたり、危険視したりするというのは筋違いというものです。

しかし、アメリカは白人至上主義者のトランプが大統領の座についていることで、こういった本当の差別が露呈されてきてしまい、反対派との対立が深まっているように思えます。
これは、大統領が変わらない限り、解決しない問題かと思いますので、アメリカの大統領には、早く以前のオバマ前大統領ような人種差別反対派の方に変わっていただきたいものです。

 

■電気自動車の普及

世界では、電気自動車が主流になりつつあるようです。
日本では、ガソリン車か、電気とガソリンのハイブリット車がまだメインのようで、世界とは少し異なるようです。

日本の場合、発電方法が火力と原子力がメインですので、電気自動車もあまりエコではないのです。
ご存知の通り、火力発電は酸素を大量に消費して二酸化炭素を排出しますので、地球温暖化を加速させることになりますし、原子力発電も核のゴミが処理できないことや、地震や津波などで発電所に被害が出れば、周辺に住んでいる住民の放射能被害が懸念されます。

このため、電力を大量に使う電気自動車は、日本ではあまりエコではないということになります。
本来は、電気自動車の方が排気ガスも出さず、ガソリンも不要ということからエコな自動車なのですが、日本はこのような問題を抱えております。

もちろん、電気を使うのは電気自動車だけではありませんので、他の電気製品を使うほど、エコではないということになります。
これを解決するには、やはり火力や原子力による発電を極力抑え、自然エネルギーや再生エネルギーで発電する方法に切り換える必要があります。

しかし、現在の政府は原子力発電をずっと作ってきたしまった経緯がありますので、方針を転換することはないという状態です。
衆議院選挙が近いうちに行われますが、国民の皆さんにはこういったこともきちんと考えていただければと思います。

 

■憲法改正について

憲法改正について、しきりに話題になりますが、私は憲法第九条第一項をまず変更すべきかと思います。
憲法第九条第一項というのは、戦争を永遠に放棄するという部分ですが、これについての私の意見は、以前の記事で述べた通りです。

この第一項を変えない限り、自衛権や自衛隊を憲法にどのように明記しても、矛盾が生じてしまいます。
戦争を永遠に放棄しているはずなのに、自衛権があるのはおかしいということになります。
自衛隊も、日本の軍隊ですので、戦争を放棄しているなら軍隊を持つのはおかしいということになってしまいます。

憲法第九条第一項は、非常に危険な記述ですので、即刻削除するか、文章を変えた方が良いでしょう。
文章を変えるなら、武力行使については、先制攻撃はしないなどの記述にするべきでしょう。

憲法第九条第一項があるおかげで日本は平和なのだという意見もあるようですが、それは大きな間違いです。
詳しくは以前の記事に書きましたので、そちらを参照していただければと思います。

憲法第九条第一項は、太平洋戦争で日本が負けた時にアメリカが作ったものですので、大事にする必要はありません。
今後、北朝鮮を含む大きな戦争が起きる可能性がないとは言えませんし、すぐに戦争とはならなくとも、100年後、200年後には日本が戦争に巻き込まれているという可能性もありますので、戦わずして負けるということがないように、早めに憲法を改正し、いつ戦争が起きても大丈夫なように備えておく必要があるかと思います。

 

■Jアラートの意義

先日、北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射し、日本の上空を通過したということで、一部の地域でJアラートが鳴りました。
ただ、このJアラートですが、鳴らす必要があるのか、疑問が残ります。

日本の領海内に落ちるのであれば、漁船に被害が出る可能性があるので、必要と言えば必要かもしれませんが、漁船がJアラートを聞いてミサイルを回避するというのは、まず不可能でしょう。

もし、地上にミサイルが落ちるなら、それはアラートを鳴らした方が良いのですが、どこに落ちるのかが不明なのに、北朝鮮がミサイルを打ったから、とりあえずJアラートを鳴らすというのは、止めた方が良いでしょう。
現に、アンケートのデータで、Jアラートが鳴っても避難行動をしないという人は97%もいるという結果が出ています。

つまり、この状態が続くとオオカミ少年になってしまうということです。
本当に地上にミサイルが落ちる場合にJアラートを鳴らしても、ほとんどの人が避難しないので、意味がないのです。

アラートが不要ということではありませんが、本当に地上に落ちると分かった時のみ、Jアラートを鳴らせば良いかと思います。
もちろん、ミサイルを打った瞬間はどこに落ちるか分かりませんので、地上に落ちると分かった時には、もう手遅れという状態になるかもしれませんが、たとえ数秒前であっても、Jアラートは本当に危険な時のみに鳴ると分かっていれば、助かる命も多いかと思います。

それに、そもそも北朝鮮は最初に日本を攻撃することはないはずです。
北朝鮮の第一目標は、朝鮮半島統一のはずであり、いきなり日本を攻撃してしまっては、アメリカ、韓国、日本と同時に戦わなけれはならなくなってしまうからです。

まぁ、Jアラートは、ミサイルが日本の上空にある時に、何らかの事故で落ちてくる可能性もありますし、破片などが落下してくるために、警告しているということであれば、それでも良いのですが、そういった用途であれば、警告のレベルを設定し、危険度が分かるようにするなどの工夫が必要なのかと思います。

 



関連記事

法の基礎

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。