頭の良い人のメリット

0 Comments

頭が良いと、いろいろと得をします。
どのようなメリットがあるか、みていきましょう。

 

■頭が良い人は仕事がデキる

賢い人は仕事を効率よくこなします。
短い時間で、要領よく仕事を片付ければ、それだけ多くの仕事をすることができ、時間も有効に使えます。

自分のスケジュール管理や、時間の有効利用などもできるため、普通の人に比べて効率が良いのです。
PCやスマートフォンなども駆使し、IT技術をフルに活用できるのも、頭の良い人の特徴です。

また、頭が良い人は問題を解決するのも早いため、時間を有効に使える上に、他人からの信頼も得ることができます。
人間関係も、頭が良い人はコミュニケーション能力が高いので、良好な人付き合いを保てます。
何かプロジェクトを任された時も、リーダーシップを発揮し、円滑に進めることができます。

そのため、出世も早いのです。
仕事がデキる人=頭が良い人
と結びつけても言い過ぎではないと思います。

独立して起業する人も、頭が良い人が多いと言われています。
独立して起業をするということは、いろいろな能力が必要とされます。
アイディアであったり、リーダーシップ性であったり、コミュニケーション能力であったりと、ほとんどの能力が知力があった方が有利なのです。

逆に言うと、頭が良い人ほど、独立して起業する傾向にあると言えます。
自分のやりたい事が明確になってきて、自分の考えている事を実現したいと思ってくると、独立した方ができるからです。

 

■一流のスポーツ選手は頭が良い

スポーツの分野では、頭の良さはそれほど必要ないような感じもしますが、実は頭が良い人ほど、スポーツで活躍しやすいのです。
監督やコーチも、もちろん戦略性や指導力、コミュニケーション力などが要求されますが、選手も頭が良い方が有利なのです。

サッカーの中田英寿選手や、野球のイチロー選手、陸上ハンマー投げの室伏選手などは、とても頭が良いようです。
トレーニングの仕方や、筋肉の付け方、食事や生活の仕方なども自分で管理したり、試合中も常に頭を使って、どうすればベストかを、頭をフルに使って考えるのです。
もちろん、頭が良いだけでもダメで、その分野の才能も必要ですが、世界一流になるには、頭脳の良さも必要のようです。

 

■頭の良い人はモテる

頭が良い男性は、特にモテます。
仕事をバリバリこなして出世もしますし、スポーツでは活躍できれば、女性から注目されるでしょう。
また、出世したり、起業して稼ぐようになれば、経済面も豊かになるので、結婚後の生活も安定するというメリットもあるというのも要因として挙げられます。

悩みを解決する能力もありますし、危険な状態を回避する頭脳があるところを見せれば、その男性を見る目が変わるでしょう。
コミュニケーション能力や、リーダーシップ性も、デートにはあった方が良い要素です。

女性の場合、頭が良すぎると、逆に嫌われる可能性もあるようです。
男として、自分よりも頭の良い女性と付き合うのは、プライドが傷つく恐れがあるからです。

女性の場合は、頭が良いというところを前面に出すようにしない方が良いかもしれません。
バカのフリをしろとは言いませんが、なるべく隠した方が良いでしょう。
ただ、相手がダメ男で、女性側もそれが母性本能をくすぐるというカップルであれば、隠す必要はないかもしれません。

 

■謙虚になること

頭が良い人ほど、自分の頭の良さをウリにはせず、謙虚にします。

「自分は頭が良い」と自分で言っている人ほど、頭が悪いように見えます。
本当の頭が良い人は、自分以上にもっと頭が良い人がこの世にはたくさんいることを知っているからです。

自分が頭が良いと思っても、傲慢にはならないように注意しましょう。
また、頭が良い人を尊敬することです。
自分の周りに、賢いなと思う人がいたら、なるべく接するようにしましょう。

頭が良い人に近づくには、努力が必要ですが、謙虚さも必要です。
日々精進しましょう。
 



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。