手を出さない方が良いもの

0 Comments

HLT240
以前は手を出してはいけないものをご紹介しましたが、今回は手を出さない方が良いものについて、少し考察してみたいと思います。

 

■投資話

自分で勉強して投資を始めるのは一向に構いませんが、人から投資話を勧められた場合は、鵜呑みにして言われるがまま投資するのではなく、一旦立ち止まってよく考えるようにしましょう。

親しい知人が勧めてくるのであれば、一緒に一儲けしようということかと思いますので、まだ信じられるとは思いますが、あまり親しくない知人や、見ず知らずの人の投資の勧めは、乗らない方が無難です。

「すごく儲かる投資話があるんですよ」
という誘い文句の場合、なぜその人が自分でその投資をしないのかを、よくよく考えましょう。

そんなに儲かる話があるのであれば、自分だけ投資して、一人勝ちすれば良いはずです。
わざわざ見ず知らずの人に投資を勧める理由はありません。

自分が事業を起こして必ず成功するので、投資してくださいという投資話の場合は、もっと危険です。
もちろん、資金集めが名目ではあるのですが、必ず成功する事業などというのはあり得ません。
どんなに成功確率が高くても、成功するか失敗するかはやってみなければ分からないからです。

こういった誘い文句の場合は、詐欺の可能性が高いです。
投資をさせるだけさせておいて、資金が十分に集まったら、逃げるという手法です。

中には、配当金を少し還元して信用させておいてから、多額の投資金を支払わせる詐欺もあります。

詐欺ではない正当の投資話も、もちろんあることはありますが、そうであるかどうかはなかなか判断が難しいものです。
他人から勧められる投資話は、詐欺の可能性が高いので、よくよく考えて判断するようにしましょう。

 

■客引き

繁華街でよくある客引きですが、これも誘いに乗らない方が無難です。
居酒屋などを決めていないまま歩いて、客引きに言われるがままお店に行くと、ボッタクリ店だったという被害も多いものです。

もちろん、そうでないお店の方が多いのですが、基本的に客引きにはついて行かない方が良いかと思います。
最近は、客引きが規制されている地区も増えていますが、バレないようにやっていたり、規制されていても、取り締まりがあまり行われていない地域も多いかと思います。

客引きに話しかけられた場合、そのお店が良心的なのか、ボッタクリ店なのかの判断は、その場での判断は難しいです。
なるべく、行くお店を予め調べて決めておくか、お店が決まっていなければ、スマートフォンなどでネットでの評価が高いお店などを探して行った方が良いでしょう。

 

■キャバクラ嬢やホストとの恋愛

お金がたくさんある方は、キャバクラ(女性の場合はホストクラブ)などに行くこともあると思いますが、キャバクラ嬢やホストに恋をするのはあまりお勧めできません。
向こうはビジネス上の接待で、恋愛しているフリをしている可能性が高いからです。

キャバクラやホストクラブのようなところは、普通の居酒屋のように、単価の安いお客様をたくさん集めるのではなく、一人のお客様が多額の支払いをしてくれるため、お客様の利益率が高いのです。
そのため、お客様が店員さんに恋をするようなことがあれば、格好のカモにされてしまいます。

「いや、向こうも私にホレている」
という人も多いのですが、お金が動いているのであれば、やはり勘違いの可能性は高いでしょう。
その店員さんは、どうしてもあなたにお店に来てほしいのです。

もし、お店以外で会っているということであれば、店員さんがお客様にホレている可能性もなくはないですが、お店に来てほしいというような会話があるのであれば、やはり営業でしょう。

もちろん、キャバクラ嬢やホストと言えども、人間ですので、お客様を本気で好きになる可能性もなくはないです。
ただ、可能性は極めて低いと言わざるを得ませんので、やはり手を出さない方が無難と言えます。

もし、すでに恋に落ちてしまったら、手遅れかもしれませんが、そういったことを認識した上で、引くべきなのか続けるべきなのかを、よく考えていただければと思います。
まだ恋に落ちていないなら、手を出さないように十分注意しましょう。

 

■怪しい宗教

宗教は個人の自由ではありますが、怪しい宗教には手を出さない方が良いでしょう。
いくら共感したと言っても、あまり聞き慣れない名前の宗教や、評判の良くない宗教には入信しない方が無難です。

宗教によっては、入信してきた人を洗脳して、思い通りに操ろうとしたり、多額の寄付を要求してくるものもあります。
また、政治に不満があると言って、凶悪犯罪を計画するような宗教もあります。
こういった宗教は、神の名を語って、悪事を働こうとする人たちの集まりですので、気をつけなければなりません。

もちろん、全ての宗教がダメというわけではありません。
昔からたくさんの人たちに支持されているような、仏教やキリスト教などは、多くの人の心を救ってきた経緯があります。

聞き慣れない宗教の場合は、判断が難しいと思いますが、勧誘する人の話を鵜呑みにするのではなく、自分でインターネットなどで評判を調べたり、周囲の人たちに相談するなどをした方が良いでしょう。
インターネットで調べる時は、入信者の話ではなく、客観的な意見を調べるようにしてください。

入信者の言葉であれば、良い評価しか言わないのは当然のことです。
評判が書いてあっても、誰の言葉かをよく調べて、だまされないように注意しましょう。

 

■資格を集める

一昔前は、資格をたくさん集めている方がよくいらっしゃいました。
勉強するという姿勢は、大変良いものかと思いますが、資格をそんなに取っても、使い道はそんなにないと思いますので、時間の無駄になってしまいます。

本当に必要な資格であれば、取る意味は十分あります。
資格があれば、就職に有利だったり、起業した時にお客様の信頼を得られるというものもあります。

ただ、その資格があっても、あまりメリットがないという場合は、資格取得を考え直すようにしましょう。
勉強のためというだけの理由であれば、別の資格がなくても勉強だけすれば良いのです。

目標がなければ、勉強に身が入らないという人であれば、もちろん意味はありますが、そうでなければ無理に資格を取得する必要はないと思います。

単なる自己満足で、資格を集めているというのであれば、別に止めはしませんが、資格を一つ取るのも結構な時間がかかってしまうかと思いますので、本当に自分の人生に必要な資格だけを取って、時間を有意義に使うようにした方が良いかもしれません。

資格を取る時は、自分の人生に本当に必要かをよくよく考えた上で、決断していただければと思います。

 



関連記事

トラブルに遭った時2

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。