名は体を表すのか

2 Comments

「名は体を表す」という言葉がありますが、これは名前はその本質を示すという意味ですが、これは人にも当てはまるのでしょうか。

 

■潜在意識が性格に影響する

人の名前は、普通、親が付けてくれます。
しかし、この名前がその子の人生を大きく左右してしまうということを意識している親は少ないと思います。

名前はその人に一生影響を与え続けるのです。
その人は、周りの人からその名前で呼ばれ、自分でもその名前を名乗ります。

無意識のうちにも、名前はずっと脳の中に残ります。
これは潜在意識と呼ばれ、性格に影響します。

秀という文字を名前に付ければ、優秀な人になるでしょう。
愛という文字を名前に付ければ、心優しい人になるでしょう。
変な名前をつければ、ちょっと変わった人になるかもしれません。

名前は、その人の心に残り続け、その性格をも決定してしまうと言っても過言ではないと思います。

 

■なぜ名前で性格が決まるのか

名前は潜在意識に常にあり、潜在意識にその言葉があると、それに反する行動をしなくなるものです。

「名前に秀という文字があるのに、頭が悪かったら格好悪いな」
とか、
「名前に愛という文字があるのに、優しくなかったらおかしいよね」
など、無意識的にそう思い、そういう行動を取るようになります。

子供から大人への成長過程で、徐々に名前の意味の性格になる人が多くなると思われます。
もちろん、すべての人がそうだということはありませんが、少なからず名前は性格に影響しているのです。

 

■潜在意識をうまく使う

話は脱線しますが、潜在意識をうまく使うと、性格を変えたり、人生の成功に近づいたりすることができます。

自分の短気な性格が嫌なら、
「僕は心優しい人間なんだ」
と毎日自分に言い聞かせ、それを忘れないようにします。
時間はかかるかもしれませんが、徐々に潜在意識に残るようになり、なりたい性格に近づきます。

また、
「起業してお金持ちになる」
と自分に言い聞かせ続け、潜在意識に残るようになれば、徐々にそういった方向に向かっていくようになるかもしれません。

この時、できるだけ具体的に目標を考えておいた方がより効果が高くなると思われます。
例えば、
「IT業界で年商1億円の企業を作る」
といった具合です。

本当は毎日、口に出して自分に言い聞かせた方が良いですが、難しい場合は紙に書いて、毎日目にするところに貼っておくと良いでしょう。

 

■子供に名前を付けるときは慎重に

名前というのは、親が子供に一番最初にあげるプレゼントです。
名前は、その子の一生を左右しますので、慎重に付けましょう。

なるべく、他人に付けてもらわずに、両親が自分たちで名前を決めましょう。
どんな大人になってもらいたいかを、短い言葉に込めてつけてあげるのです。

また、漢字は一文字でも様々な意味を表す優れた文字です。
ひらがなやカタカナも良いですが、なるべく漢字で名前をつけてあげましょう。
 



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

2 件のコメント 名は体を表すのか

  1. 匿名 より:

    なりたい事
    なれる事
    言い続けると
    そう言う所へ徐々に近づける

    言いますが
    邪魔をする人がいるとどうでしょう
    なれるものもなれません
    言い続けて言っても
    その
    性格に近づける

    言いますが
    そんな事は人がせはいし
    なれる事出来ません
    この事やってみましたが
    邪魔をされ
    人生ドン底に落とされました

  2. 管理人 より:

    コメントいただきまして、ありがとうございます。

    邪魔をするような人とは、なるべく接しないようにしましょう。
    たとえその人が家族であっても、一人暮らしをすれば、離れることはできるはずです。
    会社の上司とかであれば、会社を変えるなどを検討してみましょう。

    とにかく、自分に良くない影響を与えるような人物には、見切りをつけ、どうすれば接しないようにできるかを考えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。