新型コロナウイルスについて6

2 Comments


前回に続き、新型コロナウイルスについて色々と検証してみたいと思います。

 

■日本の対応

先日、経済対策金として、国民全員に一律10万円を給付するという発表がありました。
私は政府に財源がないため、このような措置はできないと考えておりましたが、よく踏み切れたなとは思いました。

ただ、以前も書きましたが、国民全員一律に一時金を出すというのは、今回のコロナの経済対策としてはあまり良いとは思いません。
私個人としては、少しでも税金が返ってくるのは嬉しいですが、一律だとお金持ちなど不要な人にも支払うことになりますし、国民のほとんどの人が貯蓄や生活費に回すので、経済が活性化する効果は低いということと、今回の外出自粛や休業要請のせいで、倒産もしくは倒産間際まで追い込まれている人たちには、10万円では全く足りないということです。

そのため、その前の検討段階にあった、経済補償金30万円を改善して実施した方が良いと思うのです。
この時の問題は、条件が厳しすぎるということと、補償金額が安すぎるということです。

その部分を改善する方が、よほどマシだったのではないかとは思います。
財源がないにも関わらず、国民に一律10万円を支払うほどのことに踏み切れるのであれば、経済補償金の条件緩和と金額を増やすということもできたはずなのです。

今回は公明党が、自分たちを支持する人たちの意見を聞いて、自民党との連立から離党するという脅しをかけて、安倍首相が踏み切ったようですが、こんな緊急事態でも自分や自分の党のことしか考えていないんだなと思いました。

また、国民全員ということは、日本人は1.2億人いるわけですから、一律10万円となると単純計算で12兆円の財源が必要となり、これをどうするのかも全く不明です。
無駄使いの多い自民党政権では国債や税金を集めても足りるはずがなく、今後のさらなる増税が懸念され、増税が厳しくなるのであれば、経済的には回復どころか、さらなる壊滅的打撃が想像されます。

まだ検討段階で、すでに二転三転、四転くらいしていますので、さらに変更があるかもしれませんが、いずれにしても安倍首相にはしっかりとしていただきたいものです。
まぁ、私は最初から安倍首相には何も期待しておりませんので、早く誰か頭の良い人に変わってほしいとは常々思っております。

 

■今後どうなるのか

今後、外出規制やコロナの感染拡大はどうなるのでしょうか。

最初のコロナの記事で、春から夏くらいには収束するのではないかと書きましたが、外出規制の措置のせいで、恐らくあまり減少しないように思います。
夏に収束すると書いたのは、人類全体の免疫力が気温上昇によって高まると考え、免疫によってウイルスを抑えることができると思いましたが、外出規制をしているせいで、ほとんどの国の人の免疫力が弱まっているため、ウイルスの拡大を抑えられなくなる可能性が高まったからです。

ここまで各国が外出規制をすることを当時、私は想像していなかったため、そのように書きましたが、やはり専門家などの予想通り、長期戦になるのでしょう。

現在行っている外出規制や、暑さで人の免疫力が高まるので、拡大自体は少し抑えられるかとは思いますが、感染が拡大しすぎたため、もはやウイルスが0になることはなく、戦いは何年も続くということになるのでしょう。
外出規制のせいで、全人類が免疫によって抗体を作り、ウイルスの拡大を抑えるというのが非常に難しくなったと考えられるためです。

ワクチンや治療薬が開発されれば終息するという意見もありますが、開発や検証などで普及するまでにも何年もかかりますし、全世界に80億人もいるわけですから、全員にワクチンや治療薬を使用できるまでにもさらに時間がかかるでしょう。

なので、外出規制もいつまで続くのか見通しが立たず、ずっと規制が続く可能性も高いです。
規制を解除した途端に、また感染が拡大されると予想されるので、また規制をするというのを繰り返すと予想されます。

私はこれを恐れていたので、全人類の免疫力を高めるように書き続けておりますが、あまりこれを訴える人が少なく、外出規制ばかりの対策をしているため、長期戦になってしまうと考えられるのです。

また、すでにウイルスが変異しているという説もあり、これだけウイルスが世界中に拡散していると、そういう種が出てきて繁殖している可能性も低くなくなっています。
そうなると、ワクチンや治療薬ができたとしても、インフルエンザウイルスが複数あるように、その種類のコロナウイルスには効くが、他のコロナウイルスには効かないという可能性も出てきます。

こういったこともあるので、すべてのウイルスや菌と戦うことのできる免疫力を高めることがベストであると、書き続けています。
免疫力が高ければ、ウイルスが進化してそのウイルスに感染しても、その新しいウイルスの抗体を作ることができるのです。

 

■ウイルスの性質

今回のウイルスは最初から書いているように、感染力は非常に高いですが、致死率はそれほど高くないので、人の免疫力で抑えた方が良いのです。

もし、致死率が80%などというウイルスであれば、外出規制をして、感染自体をなくした方が良いと思います。
しかし、感染力が高いウイルスは、感染拡大自体をなくすというのが非常に難しいため、人の免疫力によって抑えた方が良いと考えています。

日本での致死率は低いですが、世界的には致死率が6%以上と出ています。
ただ、この致死率のデータは信用性が低いと考えています。

なぜなら、感染者数はもっと多いはずだからです。
今回のコロナウイルスは、無症状感染者や軽症の人も非常に多く、そういった人たちはPCR検査を受けていないため、感染者数にカウントされていないと考えられます。

そう考えると、日本の致死率ももっと低くなりますし、全世界の致死率というのも6%よりも低くなるはずです。

日本の致死率が低いのは、何度も書いておりますように、味噌や納豆などの発酵食品を食べる習慣があるため、免疫力が高い人が多いからでしょう。
ただ、食の欧米化により、免疫力が低くなっている若者なども多くなっているために、発症する人も多くなってしまっているのかもしれません。

欧米ではあまり発酵食品を食べる習慣がないため、あれだけの感染爆発と死亡者を出してしまったのかと思います。
そのため、欧米の人たちにも発酵食品を食べるように訴えかけ、その他の免疫力を上げる方法を広めることが一番良いとは思います。

アメリカでも、特に黒人が重症化することが多いと聞きますが、黒人の方がさらに免疫力が低いのかもしれません。
黒人はもともと暑い地域にいた種族ですが、アメリカは少し寒いので免疫力が低下しているということがあるのかもしれません。

ただ、アフリカ各国にも感染者が出ていますが、まだそれほど拡大してはいません。
恐らく気温が高いので、免疫が上がっているためと想像しますが、これから拡大する恐れもあります。
また、南半球はこれから冬に向かっていくので、一層の拡大の懸念はあると言えるでしょう。

 

■PCR検査について

日本では、PCR検査をあまり実施してきませんでした。
東京オリンピックがあったため、PCR検査をしないという方法で隠蔽があったということと、PCR検査を増やした方が良いという意見に対して、医療崩壊を招くから止めろという意見もありました。

ようやく政府はPCR検査の実施を増やそうとしていますが、PCR検査の数が少なかったせいで、みんなが感染が広まっていないと勘違いして東京などで感染拡大を招いてしまったことは間違いないでしょう。

PCR検査キットが足りないとか、検査員が不足しているなどの医療関係者からの意見もありますが、韓国では簡易キットで大量の検査をしていました。
韓国にできて、なぜ日本でできないのでしょうか?

検査数を増やすと医療崩壊を招くという意見がありましたが、検査をしようがしまいが医療崩壊が起きる時は起きます。
逆に検査をあまりしなかったために、軽症の感染患者が、陽性かどうか分からずに街中に出てしまい、感染を広げたというケースが多かったと思われます。

疑わしい患者に全員検査を実施して、陽性と分かれば、本人や医師の対応も変わっていたはずなのです。
もし簡易検査などで本人も陽性と分かれば、軽い風邪の症状であっても行動を自粛したはずです。

軽症の患者については、ホテルで療養してもらうというところも出てきていますが、それもパンクするようなら、可能であれば自宅療養でも良いと思います。
もはや街中に感染が拡大してしまっているので、今さら隔離しようがしまいが変わらないでしょう。
ただし、ご家族がいる場合は家庭内感染の危険がありますので、感染させたくない場合は止めた方が良いかもしれません。

軽症といっても、40度近くの高熱を発し、かなりつらい症状になることもあります。
決して軽くはないのですが、重症というのが、意識不明や命に関わるほどの危険な状態のことを言い、それ以外を軽症と呼んでいるため、軽症と言うと、軽い症状と勘違いしている方も多いかもしれません。

それでも、入院の必要がない人も多いと思いますので、もし感染してつらい症状が出てしまった場合でも、現在の医療状態を考えて自力で治すように努力しましょう。
基本的には、風邪と同様、自分の免疫力で治すということになります。

体を温めるということと、免疫力を高める食材を摂取するようにしてください。
ただ、もし本当に危険だと判断した場合は、救急車を呼ぶようにしましょう。
危険かどうか分からない場合は、コロナに関する相談センターや、救急相談センターなどもありますので、そちらに問い合わせてみるのも良いかと思います。

どのような状況でも、免疫力を高めるのが最も良い対策であると思われますので、健康な人も含めて全員が免疫力の維持に努めていただければと思います。

 



関連記事

人間の天敵とは?

冬より夏の方が太る?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2 件のコメント 新型コロナウイルスについて6

  1. アナ より:

    こんにちは!

    日本の人口は12億人ではなく、約1.2億人ではないでしょうか。財源もその分1.2兆円になるかと。
    どちらにしてもどこからこれらの財源確保するかは、未来の課題となるでしょうが。

    これからもブログ楽しみにしております。

    • 管理人 より:

      アナ様。
      ご指摘いただきまして、ありがとうございます。
      おっしゃる通り、間違いがありましたので、記事を修正いたしました。
      1.2億人×10万円=12兆円でした。
      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。メールアドレスを入力すると、返信があった時に通知されます。
※が付いている欄は必須項目です。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。