頭が悪い人の特徴

1 Comment

OIT040
今回は頭が悪い人の特徴を書いてみたいと思います。
これについては、該当してしまう人からのご批判を受けるかもしれませんが、それも覚悟の上で敢えて書かせていただこうと思います。

 

■すぐに感情的になる

すぐに感情的になる人は、残念ながらあまり頭の良い人とは言えません。

何か自分の悪口を言われたり、自分の能力が劣っていることを批判された時に感情的に怒ってしまうのも無理はありません。
しかし、頭の良い人はそういったことを言われたとしても、一度噛み砕き、冷静に判断するものです。

悪口を言われたなら、それが本当なのかどうかを分析して、改善すべき点があれば改善しようとするはずですし、悪口が嘘だと分かれば、なぜそのような嘘をつくのか質問したりします。
能力が劣っていると言われれば、勉強不足でしたので、ぜひ改善策を教えてくださいという返しをするのがスマートな人かと思います。

これに対し、あまり考えない人はすぐに感情的になり、相手を攻撃し始めてしまいます。
ネットの書き込みに、批判的な意見だけを書いて、改善策を書かなかったり、ただ悪口だけを書くような人は、典型的な頭の悪い人と言えるでしょう。

こういったネットの書き込みに心を痛めていらっしゃる人も多いかと思いますが、それほど真に受ける必要はありません。
もちろん、自分に改善すべき点があれば改善した方が良いですが、あまりに理不尽な悪口であれば、頭が悪い人が書いているだけですので、気にしないようにしましょう。
もし、放置しておくのも悔しいということであれば、心の広いスマートな返しをしておけば良いでしょう。

また、負けず嫌いな性格の人や、怒りっぽい人、すぐに暴力を振るう人もしくは暴力を振うぞと脅す人なども、感情的で頭の良い人とは言えません。
あまり感情的にならず、何か嫌なことがあっても、一度頭を冷やし、冷静に対応するように心がけましょう。

ただ、感情的になった方が良い場合もないわけではありません。
スポーツで世界を目指すほどの実力者は、ほとんどの人が負けず嫌いな人たちですので、そういった勝負の世界では感情的になった方が良い場合もあります。

悪質な犯罪者に対しても、時には感情的になって歯向かった方が良い場合もあります。
頭の良い人であれば、自分の感情もある程度コントロールできたりしますので、感情を爆発させても良いかどうかを判断した上で対応するなど、よく考えるようにしましょう。

 

■頭が良い人のすることが理解できない

頭が悪い人は、頭が良い人のすることが理解できません。

頭の良い人は深く考えた上で、何か行動をすることがありますが、表面上ではその裏までが見えないこともあります。
頭の良い人であれば、頭の良い人のやっていることの裏まで読めるので、その言動の意味を理解することができますが、頭の悪い人は、その人の行動の意味が分からない場合があるのです。

そのため、頭の良い人に対して、攻撃的になったり批判したりします。

これは歴史が証明していて、戦争の時に頭の悪い将軍は、軍師の深い計略まで理解できず、勝手な行動をしたりする例も多いものです。
勝手な行動をするだけならまだ良いですが、時には軍師を批判したり、離反したりするため、軍師にとっては頭の悪い人は厄介な存在になります。

現代でももちろん同様で、頭の良い人は、頭が悪い人に理解してもらうのに非常に苦労します。
頭が良い人であれば、教え方もうまいので、問題はないようにも思えますが、いくら教え方がうまくても、本当に頭の悪い人にはなかなか理解してもらえません。
頭の悪い人は、教えてもらったことを理解していないのに、恥ずかしいからか、分かったと嘘をついたりするので非常に厄介なのです。

もし、自分自身が、人のやっていることが理解できない状況があった場合、バカなことをしていると思うのではなく、何か意味があるはずと考え、その人がやっていることの意味を考えるようにしましょう。
その人の知力が高いほど、意味のないことはしないはずですので、真意を見極める必要があります。

 

■自分の頭が悪いと気づいていない

頭が悪い人は、自分の頭が悪いと思っていない人が多いものです。
そのため、その人に頭が悪いのではないかという意味のことを、遠回しでなるべく傷つけない表現で言ったとしても、非常に怒ってきます。

頭の良い人ほど、自分は未熟だと思うはずです。
どんなに頭が良い人でも、世の中には自分より頭が良い人が何万といることを知っているので、頭が悪いともし言われたとしても、その通りだと受け止めるはずです。

しかし、頭の悪い人は、頭が悪いと指摘されれば異常なほどに怒ります。
自分の頭が悪いということに気づいていない証拠と言えるでしょう。
もしくは、図星を突かれて怒ってしまうということもあるかもしれません。

いずれにしましても、頭の悪い人ほど、自分の頭が悪いと思っていない人が多いのです。
こういった人には、あまりそのことを指摘しない方が無難と言えます。

頭の悪い人の扱いは難しいのですが、こういった人には頭が悪いという指摘はせずに、問題点や原因、改善策を述べるようにしましょう。

 

■自分の意見が正しいと思い込んでいる

頭が悪い人は、自分の意見が常に正しいと思い込んでしまっている人が多いと思います。
先ほど述べたように、頭が悪い人は、自分の頭が悪いとは思っていませんので、意見も絶対的に正しいと思い込んでおり、自分と反対意見の人はバカだと思ってしまいます。

なので、自分と意見の合わない人をすぐに否定したり、批判したりしてきます。
批判を言っている人の意見が正しければ問題はないのですが、どう考えても間違っている時は、意見をぶつける必要があります。

頭の良い人は、自分の意見が常に正しいとは思っていないので、もし間違いだと分かれば、きちんと謝罪したりフォローしたりします。
まぁ、頭の良い人ほど、間違った意見は述べたりしませんが、未来のことなど、100%正しいことなどは言えませんので、常に意見が間違っている可能性は考えて話しているはずです。

これに対して頭の悪い人は、自分の意見が常に正しいと思っているので、もし間違っていると思った場合は、それを指摘しなければなりませんが、これも意見を真っ向から否定してしまうと、また感情的に攻撃されたりするので、相手をあまり傷つけずにスマートに応対をする必要があります。

すでに相手が感情的になってしまっている場合は、間違いをそのまま指摘すれば良いでしょう。
しかし、スマートに返す場合は、言い方に気をつけなければなりません。

相手の意見を否定せず、「なるほど。そういった考え方もあるのですね」と相づちをうった上で、その意見が正しいという前提で「その場合、このケースではどうなるのでしょうか?」というように先の話を質問すると良いでしょう。
相手も自分の意見が間違いだと気づけば沈黙するはずです。

 
このように、頭の悪い人の扱いは非常に厄介と言えます。
頭の悪い人ほど、このような傾向にありますので、もし自分がこれに該当するという方がいらっしゃったら、腹を立てるのではなく、反省すべき点は反省し、自分も頭が良くなるように努めるようにしましょう。

 



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

1 件のコメント 頭が悪い人の特徴

  1. 匿名 より:

    ものすごく、そうそう!と納得。
    こういう人と一緒に働いていて
    こっちの気がおかしくなりそうでした。去年はこういう人が回りに複数いて大変な1年でした。
    私は、未熟なので、堪忍袋の尾が切れて、1度、こうなっているのは私のせいではなく、自分が勝手にやっての結果だとわかるように伝えてしまいました。ただ、プライドがあるだろうから、二人だけのときに間違いを指摘しました。だけどそうやって、追い込んでしまったので、今はみんなの前でたびたび、いろんな何かの失敗を私の言った発言を切り取って、あーだこーだと昔に振り返って批判されます。
    こちらが忘れたころに問題提起してきます。

    あの人は、頭が悪いんだなって思ってたけど、これを読んで、やっぱりなって。思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。