地震大国日本に住むということ

0 Comments

2011年3月11日、東日本大震災がありました。
日本では、その他にも中越大地震、阪神大震災と、小さな地震も含め、地震が頻発しています。
なぜ日本はこんなに地震が多いのでしょうか。

 

■日本に地震が起こるのは宿命

地球の表面には、大陸プレートと海洋プレートと呼ばれる大きな地層のようなものがあり、私たち人類は、大陸プレートにある陸の上で生活しています。
プレートには、様々な種類がありますが、プレートの切れ目では地震が多いことも分かっています。
日本は、大きな4つのプレート(北アメリカプレート、ユーラシアプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレート)の影響を受け、地震が頻発するのです。

そして、このプレートはゆっくりですが、動き続けており、今後も必ず地震が起こることも分かっています。
地震の原因はプレートの変化によるものだけではありませんが、日本にいる限り、我々は地震を回避することはできません。

地震から逃れるには、海外に逃げるしかないでしょう。
しかし、言語や環境の違いや、経済面の問題から、なかなか日本を離れることができない人が多いのが実態です。

 

■そもそも日本列島は住むところではない

我々日本人のご先祖様たちは、ユーラシア大陸から日本に渡ってきました。
日本には四季があり、自然も豊富で住みやすかったのか、ご先祖様も日本が気に入ってここで暮らすことに決めました。
当時は、日本がこんなに危険な場所ということは知らなかったのです。

日本がこんなに地震が頻発する島だと分かっていれば、住み続けることもなかったでしょう。
大地震が来れば、火災、土砂崩れ、津波などの二次災害により、さらに被害が増え、大惨事になることもあります。
しかし、1億人以上もの人たちがこの島に暮らしてしまっている以上、今更全員が別の場所に移住することはできません。

では、日本に住む我々は、どうすれば良いのでしょうか。

 

■日頃から地震対策をしておく

今後も、日本に必ず大地震が来ると、専門家も言っています。
我々は、いつ地震が来ても良いように心がけておかなければなりません。

何より、地震が来た時を想像し、どのように行動するかを決めておくことがもっとも大事なことだと思います。
まず、自分の身を守ることを最優先してください。

それから、日頃から貴重品や避難生活用の道具をまとめておきましょう。
いざというときに、それだけ持って逃げられるようにしておくと安心です。
避難用具が何が良いかは、インターネットや本などで調べておきましょう。

 

■地震は悪いことばかりではない

地震が起きるのは、地球が生きている証拠です。
必要なのは、地震の恐ろしさを知り、地震が起きても慌てないよう、普段から対策をとっておくことです。

ただ、地震が多いのは悪いことばかりではありません。
我々のご先祖様もやはり、大災害にみまわれてきました。
そして、大災害が起こるたびに、日本人同士が結束して助け合い、心を強く持ち、災難を乗り越えてきました。
我々もご先祖様の血を引き継いでいます。

この心の強さは、近年のオリンピックや世界大会などのスポーツでも発揮されているかと思います。
いわゆる、大和魂です。
日本人なら誰でも持っている、あきらめない心、強い勇気です。

なぜ体格的に不利な日本人が、スポーツで活躍できるか、疑問に持っていた人も多いと思いますが、そういった理由だと思います。
日本人であるあなたもきっと強い心をお持ちでしょう。
常にこのことを忘れず、誇りを持って生きてください。
 



関連記事

災害対策を考える2

災害対策を考える

原子力発電所は必要か

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。