夏と冬どちらが人間にとって良いか

17 Comments

地球温暖化となり、猛暑が厳しい日本ですが、冬と夏、寒いのと暑いのは、どちらが人間にとって良いかを考えてみましょう。
ちなみに、私は寒さは比較的平気なのですが、暑さには弱いです。

 

■夏は本当に良い季節か

夏になれば、プールや海水浴、また田舎でのんびりしたりハイキングに行ったりという楽しみがある人も多いと思います。
しかし、それは学生なら夏休みが、社会人ならお盆休みがあるので、そういった事が楽しみなのだと思います。
学生の場合、夏休みが長く、冬休みは短いというのが普通だったと思いますが、なぜ夏休みが長いか、考えたことがある人は少ないと思います。

夏は、運動にも勉強にも不向きなため、夏休みを長くし、その代わり勉強に集中できる冬は、休みが短いのです。
人間は暑いと体がだるくなり、また脳の働きも衰えます。
暑くなると元気になる人も多いと思いますが、それは体質にもよりますが、体が常に温まった状態、つまりウォーミングアップが不要な状態だからと考えられます。
(ただ、身体は温まっていても、激しい運動の前には準備運動は必要ですので、ご注意ください。)
冬でも十分ウォーミングアップをすれば、元気に活動できます。

 

■夏と冬の比較

夏と冬を、いろいろな観点で比較してみましょう。
夏は、生物が活発となり、虫や菌やカビが繁殖しやすい時期です。食中毒も多いのもこの季節です。
冬は、菌や害虫は減りますが、乾燥を好むウィルスが繁殖しやすいと言えます。インフルエンザがよい例でしょう。
被害は同じような感じですが、乾燥にさえ気をつければ、ウィルスの被害はそれほど心配ではありません。
しかし、夏の場合は、菌やカビなどで、汚れやにおいが発生し、これを嫌がる人も多いと思います。

夏の季節は、梅雨や台風で、大雨、土砂崩れ、洪水の被害が多くなります。
冬は、北の方では、大雪や雪崩などの被害があります。
どちらも危険はありますが、夏の方が圧倒的に被害が大きいようです。

夏は、太陽光で地面が熱せられ、砂や埃などが、熱い空気と共に上昇してきます。このため、空気はあまり良くないと言えるでしょう。
対して、冬は上空のきれいな空気が冷やされて、地上に降りてくるので、地上の空気がきれいになります。
冬の方が空気が良いと感じるのは気のせいではないのです。

 

■健康管理

暑いと熱中症や脱水症状を引き起こしやすくなります。急に暑くなったり、猛暑が続くと死者も出ます。
寒いと凍死する可能性はありますが、日本の冬で凍死することはまずありません。
寒いのが嫌いな人は多いですが、寒くて死ぬ人は、少なくとも日本にはあまりいないのです。

また、夏は、汗で多くの水分が外に出てしまうため、血流がドロドロになります。そのため、片頭痛や尿管結石、動脈硬化などが発生しやすくなります。
冬は、寒さで体力が落ちるので、風邪を引きやすくなったり、乾燥肌になりやすいです。

それから、睡眠の問題があります。
冬は、布団で暖かくすれば、まず熟睡することができますが、夏で熱帯夜の場合、クーラーをつけっぱなしにしない限りは、熟睡することは難しいと思います。
また、暖房もそうですが、クーラーを長時間つけていると、鼻や喉をやられて風邪を引いてしまうケースもあるかと思います。

 

■一番良い季節は秋

スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋、読書の秋など、秋にはいろいろと呼ばれ方がありますが、これは涼しくなって人間にとって行動しやすい季節であるということを言っています。
つまり、夏にスポーツも勉強もできず、食欲も落ちるので、秋になったらどんどんやりましょうということです。
それだけ夏は、人間にとっては活動しにくい時期と言えます。

 

■総合的に人間は冬の方が良い

冬は、寒ささえ耐えることができれば、非常に良い季節という結論になることがお分かりいただけたかと思います。
もちろん、季節で言えば、春や秋の方が良いですが、夏よりは冬の方が、人間にとっては良いということです。
寒いのを毛嫌いする人も多いですが、寒ければ少しスクワットしたり、速めに歩くことでも体温を上げることができます。
体質にもよるかと思いますが、少し考え方を変えてみていただけると、冬も嫌いではなくなるかもしれません。

地球温暖化のため、夏の方が徐々に過ごしにくくなりますが、健康管理に気をつけて乗り切っていただきたいと思います。
 



関連記事

正しい熱中症対策

猛暑を乗り切る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

17 件のコメント 夏と冬どちらが人間にとって良いか

  1. しんじ より:

    私は夏が大好きです 冬のほうがいいとかおかしいやろ

  2. 匿名 より:

    記事を書いた人は冬が好きだから、強引に冬の方が良いという結論で終わってますが、冬は鬱になりやすく、死者が増えるのも冬です。

  3. 匿名 より:

    地球温暖化は夏はより暑く、冬はより寒くなるので、夏だけ厳しくなるわけではありませんよ。

  4. 管理人 より:

    コメントいただきまして、ありがとうございます。
    ご意見、ごもっともかと思います。

    夏好きの方が多いのも知っておりますし、寒いのがつらいというのも、もちろん分かります。
    私は冬好きではありますが、論点として、

    ・熱中症で死ぬ人は多いが、冬に寒くて死ぬのは遭難して凍死する人くらい
    ・夏は気候が荒れやすいが、冬は大雪くらいで比較的安定している
    ・冬は身体を動かしたり、着込めば暖かくなるが、夏はクーラーを使う以外に凌ぐ方法がない。

    という点について、ご意見をお伺いできれば幸いです。

    夏が苦手な私としては、毎年夏を生きて過ごせるかで非常に苦しんでいるため、アドバイスをご教授いただけますと助かります。

  5. ちゃっぴあ より:

    確かに体のためには冬の方が良いのかもしれません。(いろんなものが腐りづらいですし)でも、精神のためには夏の方が良いと思います。周りの人、数人ですが、冬になると落ち込む人が結構います。これは日照時間が短い事と(日光に当たる時間が短いと鬱になるという統計が出ています)じっとしていることが多くなるので物事を深く考えがち(夏は暑いのであまり物事を深く考えない)だからだと思います。体のためには冬、精神のためには夏ではないでしょうか?健康は心の健康と体の健康だと思うからです。

  6. 管理人 より:

    ちゃっぴあ様。
    コメントいただきまして、ありがとうございます。

    なるほど。
    冬は日照時間が短いために、鬱になりやすいという面は確かにあるかもしれません。
    私が冬が好きなのは、夜型だからというのも関係があるのかもしれませんね。

  7. りんご より:

    私は冬が好き、だって
    夏は夜にかがきてうるさい
    でしょでも冬は布団に
    くるまればいいだけだしぃw

  8. 秋が大嫌い より:

    夏をけなしてるだけの記事ですね、
    冬はインフルエンザ、ノロウイルス、しもやけ、ひび割れ、静電気の被害があります、
    また、冬は乾燥しているので、脱水症状も引き落こします。
    また、秋冬は火災が多いです、
    あと、冬場の凍死が少ないと書かれていますが、毎年ホームレスの凍死事故は絶えません
    ホームレスによると、夏より冬の方が辛いそうです、
    冬場だと公園の水で頭洗えないですからね(笑)
    秋は穏やかではありません、台風の季節で毎年トラックの横転事故、火災、木々がなぎ倒されていますね。
    秋は陽が短いし、秋からウイルスが活発になり、最悪な季節です。

  9. 秋が大嫌い より:

    冬の大雪被害とか半端ない
    ストーブ、こたつ、静電気による火災
    電気カーペットによる低温火傷、
    冬に北海道に暮らしてみて下さい、冷凍庫のような寒さです
    この記事を読んだらバカにされますよ。

  10. 管理人 より:

    コメントいただきまして、ありがとうございます。
    いただいたご意見もごもっともかと思います。

    冬にももちろん、様々な事故や自然被害があるのはおっしゃる通りです。

    ただ、年々地球温暖化により、熱中症患者が増えていることや、今年も西日本で最大級の豪雨被害が出ており、今後も夏の被害の方が多くなってくることも事実かと思います。

    ちなみに、台風は夏の海水温度上昇によって発生するので、秋の被害というよりは、夏の置き土産ですね。日本が涼しくなってきても、赤道付近の海水温度がなかなか下がらないので、秋にも台風が発生するわけです。
    逆に冬の置き土産は、山の雪解け水で、水不足の時には恵みの水になるという面があります。

    私が冬好きなので、夏好きの方にはご不快を与えてしまっている記事であることはお詫びいたします。

  11. 匿名 より:

    自分は秋が好きなので、冬と夏で比べたら冬の方がマシという程度です。

    貧困にも絶対的貧困と相対的貧困がありますが、下流老人などエアコンがつけられずに熱中症で死亡というニュースはよく耳にします。

    また、いまだにエアコンがついていない家や夏にはハエの幼虫が出る汲み取り式トイレがある家など、相対的貧困による夏の苦悩、羨望はあるかと思います。

    一方、日本には絶対的貧困はほとんどないので、ある程度の暖をとることはできます。

    童話に『北風と太陽』がありますが、人間は暑さと寒さどちらが耐えることができるかをよく表した作品だと思います。

    しかし、乾燥帯や熱帯より極寒の地の方が生き抜くのは困難でしょう。

    あくまで日本であれば、冬の方が過ごしやすいでしょう。

  12. 管理人 より:

    コメントいただきまして、ありがとうございます。

    熱帯地域と極寒地域で、極寒の方が生き抜くことが困難とのことですが、人間の適温は20度で、熱帯地域というのは、恐らく50度くらい、極寒地域というのは、恐らく-50度とかだと思いますので、極寒地域とおっしゃっているところの方が、70度くらいの差があるのではないでしょうか?

    公平を期すなら熱帯地域は、適温20度+70度の90度くらいで生き抜けるかを比較しなければならないかと思いますが、いかがでしょうか?(地球上にそのような地域はないと思いますが)

    それと、北風と太陽の童話ですが、暑さと寒さの話と言うよりは、柔と剛では柔の方がより重要という教訓かと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。