習慣にした方が良いこと

0 Comments

MRG013
今回は、日々の習慣にすると良いことを少しご紹介しようと思います。

 

■読書をする

何と言っても読書は皆さんにオススメです。
読書は他人の知恵や知識を手っ取り早く手に入れることができる方法です。

以前も書きましたが、生活に役に立つ本や、ビジネス書、ハウトゥー本などを読むことで、勉強になります。
人生は日々勉強と思い、知識を増やしていきましょう。

マンガも読書だとおっしゃる方もいますが、基本的には本の方が良いです。
ただ、マンガも内容によっては勉強になりますので、一概にダメというわけではありません。

本の内容を映画化したものを観るだけでも大体の内容は頭に入りますので、映画やドラマなどでも良いと言えば良いのですが、やはり本の方が文章を読むという行為が脳に良いという面もあります。
ただ、ビジネス書やハウトゥー本は映画化されることはありませんので、そういった勉強のためには、本の方が良いということもあり、活字に慣れておくということも大切なことです。

読書と言っても、難しくとらわれる必要はなく、最初は興味のある本から読むと良いです。
読書が習慣になっていない人は、最初は10分とかだけでも良いので、本を読んでみましょう。
一気に長い時間読む必要はありません。

トイレが長い人は、トイレの中で読んでも良いですし、オススメは寝る直前に読書をすることです。
寝る直前であれば、眠くなったらすぐに寝れば良いですし、興奮状態にあったとしても、読書をすることでリラックス状態になり、眠りにつきやすくなります。

頭の良い人は、読書をたくさんするという統計データも出ていることもありますので、ぜひ読書を習慣にするようにしましょう。

 

■英語に慣れる

日常生活で英語が必要なことはほとんどありませんが、外を歩いていると、外人が増えたこともあり、英語で道を聞かれることなどがたまにあります。
こういった時のためにも、少しでも英語に慣れておくと良いでしょう。
2020年に東京オリンピックが開催されることもあり、ますます日本への観光客が増えると予想されますので、ぜひ習慣にしていただければと思います。

英語に慣れると言っても、教材を買ってきて毎日聞きまくれということではありません。
本格的に勉強するならそれで良いですが、手軽に英語に触れるなら、スマートフォンのアプリで十分です。

iTunesなどで英語の教材をタダでダウンロードもできますし、アプリでも無料のものがあります。
短い文章を繰り返し聞いて、できれば発音もするようにしましょう。

この辺りの勉強法は、正しい英語の勉強法に書きましたので、こちらを参照していただければと思います。

毎日10分くらいでも十分です。
すぐには効果が表れないかもしれませんが、しばらく続けることで、急に英語で話しかけられても、何となく何を言っているのか分かるようになります。

自分が話すのは、とっさな場合は難しいかもしれませんが、単語を並べるだけでも通じますので、そのためにも英語に慣れておくことが重要です。

スマートフォンのアプリで、音声翻訳アプリがありますので、それを使えば良いと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、会話に時間もかかりますし、あまりスマートとは言えないので、少しでも英語を話せるようになっておくと良いと思います。

 

■軽い運動

運動と言うと、拒否反応を示す方もいらっしゃいますが、健康のためにも日々の運動は行っておいた方が良いでしょう。
通勤や家事をするだけでも多少の運動にはなりますが、プラスアルファの軽い運動をしておくと、様々な病気やケガを防ぐことにつながります。

普段からジムに通ったり、スポーツをしていない方は、家で軽い筋トレを週に2~3回は行うようにしましょう。
最初は腕立て、腹筋、背筋、スクワットを10回でも5回でも良いです。
慣れてきたら、回数を増やすなどしていけば、良い運動になります。

できれば、簡単な体操は毎日行った方が良いと思います。
体操は、ラジオ体操のようなもので良く、肩を回したり、腰をひねったり、屈伸したり、できるだけ身体を動かしましょう。
その後にストレッチもすれば、なお良いと思います。

また、散歩も非常に健康に良いようです。
私も1時間くらい散歩するようにしておりますが、30分でも良いそうです。
散歩ができない場合は、家でその場ジョギングをするというのも良いでしょう。

身体は健康の資本です。
運動不足が続くと、ケガをしやすくなったり、様々な病気が発生しやすくなります。

普段あまり身体を動かさないという方は、軽くで良いので、なるべく運動を習慣にするように心がけましょう。

 

■ニュースをチェックする

ニュースで世の中の動きをチェックすることで、どのような物が流行っているのかや、大手企業の動向なども知ることができ、ビジネスや生活にも役立つことがあります。

昔は新聞を読めとよく言われていましたが、近年はインターネットでもニュースをチェックできますし、テレビのニュースでも大体はチェックができます。
もちろん、新聞は新聞の良さがあり、細かいところまで分かるようになっていますが、そこまで深く知る必要がない方は、ネットやテレビでも十分かと思います。

インターネットでは、業界ごとにニュースをチェックすることもできますし、自分の興味のある分野のニュースをチェックすることもできます。

また、テレビのニュースをチェックしておくことで、注意力を高めるという効果もあるでしょう。
例えば、新しい詐欺の手法が出てきたというニュースを知ったことで、その手法の詐欺には引っかかりにくくなります。

また、政治の動向を知ることで、選挙でどの政党に投票するかの判断にもなるでしょう。

ニュースを普段チェックしておくことで、様々なメリットがあるかと思いますので、なるべくチェックするようにしましょう。

 

■その他

習慣にした方が良いものは、他にも色々とあります。

・瞑想する
瞑想をすることで集中力を高めることができ、感情のコントロールもしやすくなるそうです。
私は行っていませんが、毎日10分くらいで良いので、あぐらをかいて背筋を伸ばして目を閉じ、自分の呼吸を集中すると良いそうです。

・ガムを噛む
ガムを噛むのは、意外と脳に良い影響を与えます。
咀嚼をすることで、脳を活性化することができ、覚醒効果やスポーツをする時にも良い影響があるそうです。
口臭予防や歯槽膿漏など口の病気の予防にもなります。

・キーボードを叩く
PCのキーボードを叩くということですが、楽器の方でも良いかと思います。
要は、指を使うことで、脳が活性化するということです。
仕事でキーボードを叩いている人はそれで十分だと思いますが、メールでも何でも良いので、スマフォではなくPCのキーボードを叩くようにすると、良いでしょう。
近年は認知症対策でも注目されています。

・ゲームをする
スマフォのゲームは視力が低下しやすいので注意が必要ですがテレビゲームや将棋などテーブルゲームなどが良いでしょう。
ゲームと言うと敬遠されがちですが、脳トレにもなりますし、内容によっては勉強にもなります。
頭の良い人はゲームも好きという人も多いようです。

・歌を歌う
最近は一人カラオケというのも流行っていますが、近所迷惑でなければ家の中で歌っても良いかもしれません。
歌を歌うのは、意外とカロリーを消費するようで、ストレス発散にもなり、免疫力を高める効果もあります。

・効果的な飲み物
健康に良い飲み物として、緑茶、ぶどうジュースを挙げておきます。
緑茶は言うまでもなく、カテキンなどが身体に良いので、冷蔵庫にアイス緑茶が常にあるような状態にしておくと良いと思います。
ぶどうジュースは、ポリフェノールがたくさん入っているものが良いです。
ワインでも良いですが、アルコールが身体に良くないので、飲み過ぎには注意が必要です。
ただ、ぶどうジュースも糖分が多いので、飲みすぎないようにしてください。
ボリフェノールは若返りの薬とも言われており、若さを保つとともに、免疫力を高める効果もあります。

 



関連記事

生活の知恵12

面白い雑学6

嘘を見抜く2

正しい歩き方、走り方

生活の知恵11

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。