知っておいた方が良いこと

0 Comments

OIT004
このサイトでは、知っておいたほうが良い知識をご紹介しておりますが、今回はジャンルを限らず、知っておいた方が良いことについて、少しご紹介させていただこうと思います。

 

■法に触れるSNS動画アップ

近年、SNSなどでアクセス数を上げたいためか、法に触れるほどのマナー違反動画や、悪質ないたずら動画などがアップされることがありました。
最近は、だいぶ落ち着いたようですが、こういったものは、動画が証拠となり、逮捕される可能性が高いです。

投稿する人は、注目を浴びたいとか、アクセス数を増やして広告収入を得るために、色々と躍起になり、一線を超えてしまう動画を投稿することもありました。
もちろん、マナーをしっかり守って動画をアップするる人の方が多いのではありますが、やはり度を超えてやり過ぎてしまう方も出てくるようです。

法に触れるほどの動画となりますと、その動画が決め手となり、その人の登録情報やプロバイダーから身元をたどられ、逮捕されてしまうわけです。
また、すぐに気づいて動画を削除しても、手遅れな場合があります。

他の人が、コピーしてしまって、拡散するということも考えられますが、こういったネット上の犯罪を監視する組織があり、悪質な動画をすぐに保存してしまっている場合があります。
そのため、すぐに削除して、誰も拡散していなかったとしても、警察がその組織から証拠を入手し、逮捕されてしまう場合があるということです。

もちろん、動画だけでなく、画像やテキスト文章の場合もあるでしょう。
どのくらいのスピードで保存されているかは分かりませんが、ユーザー側としては、そういった動画をアップしないように注意する必要があります。
まぁ、その前に節度のない行動をするなと言いたいところではありますが、こういった知識を身につけておくことで、無用なトラブルを避けられる場合もあるかと思いますので、知っておいた方が良いと言えるでしょう。

 

■動物に襲われた時の対処

凶暴な動物に襲われると、命を落としてしまう危険もあります。
都会であれば、その可能性は低いですが、ちょっとした旅行などで危険動物に遭遇することもないとは言えません。

危険そうな動物を見つけた場合は、刺激しないことが一番です。
目を離さずに徐々に遠ざかり、逃げる時は一気に逃げるようにしましょう。

もし、襲われてしまった場合、大抵の動物は、鼻が弱点の場合が多く、鼻にパンチを喰らわすと、撃退できる場合があります。
犬や熊など、襲われてしまって、どうしようもない場合は、これを思い出していただければと思います。

また、海でサメに襲われた場合も、鼻をパンチすれば撃退できる可能性があります。
ただ、パンチが弱かったり、あまり効果のない動物がいるかもしれませんので、あくまで可能性の話にはなります。

ちなみに、サメは基本的には人間を襲いません。
ただ、まれにアシカなどと間違えられたり、ケガをしていると、血の匂いに誘われて、人間を襲うことがあるとのことです。

犬などに噛みつかれた場合は、首をパンチか手刀で突くというのも有効かもしれません。
自分の命の危険を感じるような場合は、その動物の首を手刀で刺して殺すことも考えてください。

実際に動物に襲われてしまっては、冷静にそういったことは考えられないかもしれませんが、こういった知識があるかないかで、命を落とすかどうかの命運が分かれる可能性があります。
知識として、こういったことを頭に入れておいた方が良いと思いますし、必要であれば、もっと詳しいことなどをネットや本などで調べていただければと思います。

 

■頭へのダメージを避ける

頭に強いダメージを受けると、脳震盪などになり、脳が機能しなくなるなどの障害が残ってしまう場合がありますが、小さなダメージであっても、蓄積されて脳の機能が低下してしまう危険があります。
脳は非常に繊細な臓器ですので、なるべくダメージを与えないようにする必要があると言えるでしょう。

ボクサーの方で、少し言動が変だと思われる方が多いのは、やはりボクシングの試合で脳へのダメージが蓄積されてしまうためかと思われます。
もちろん、全てのボクサーの方が変というわけではありませんが、脳へのダメージがあり、脳機能が多少低下してしまうのは否めないことかと思います。

こういったこともあるので、最近では、子どものサッカーでヘディングを禁止した方が良いのではないかという議論まで出てきているようです。
恐らく、ボールをヘディングする程度では、それほどのダメージではないとは思いますが、悪影響がないとは言い切れませんので、大丈夫とも言えないのが現状です。
ただ、ヘディングばかりするようなシチュエーションはあまりないと思いますので、やり過ぎなければさほどの影響はないとは思います。

いずれにしましても、脳へのダメージはなるべく避けた方が無難です。
お笑い番組などで、ツッコミの人がボケの人の頭を強く叩くことがありますが、脳へのダメージが心配になってしまうほどです。

日常生活で、頭を叩かれたり、ダメージが続くようなことはあまりないとは思いますが、脳の機能低下を防ぐためにも、こういった知識を頭に入れておくようにしましょう。

 



関連記事

生活の知恵11

生活の知恵10

面白い雑学5

嘘の特徴

正しい風呂の入り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。