生活に音楽を取り入れる

2 Comments


音楽が嫌いな人はあまりいないと思いますが、最近は音楽を聴かなくなっている方も多いと思います。
ただ、生活の中にうまく音楽を取り入れると、リラックスしたり、やる気を出したりと気持ちをコントロールすることができます。

 

■リラックスしたい時

心を静めたい時や、寝る前など、リラックスしたい時は、スローテンポな曲を流すと心を落ち着けることができます。

特にイライラした時や、腹が立つようなことが起きた時は、冷静になるためにも音楽を流すと良いでしょう。
自分の好きな曲で、バラード曲のような心が穏やかになる曲を聴くと、多少なりとも冷静になることができると思います。

曲のジャンルはクラッシックでも洋楽でもJPOPでも良いです。
自分の好きな曲であれば、心を落ち着かせることができるでしょう。

また、寝る前もしくはこれから眠ろうとする時に、ゆっくりで静かな曲を流しておくと、すぐに眠りに入ることができます。
人によって眠りに入りやすい音やテンポなどがありますので、色々と試してみると良いでしょう。

眠る時に音楽を流す場合は、タイマーで1時間くらいしたらOFFになるようにしておきましょう。
音楽が流れ続けていると、熟睡ができなくなる場合があります。

もし、すぐに眠りにつけるような音楽が見つかれば、毎日でもその曲を流すことで、快適に睡眠状態に移行することができるようになります。
寝付きが悪いという人がいらっしゃったら、そういった音楽を探してみるのも良いと思います。

 

■運動をする時

運動をする時は、テンポの早い曲を流しながら行うと、非常に快適に運動ができるようになります。
特にランニングなどでは、やる気もでますし、テンポが歩調と合っていると、とてもリズミカルに走ることができるようです。

部屋などで筋トレを行う時も、無音でやるよりテンポの早い曲を流すことで、やる気もでますし、身体の調子も上がる感じがします。
もちろん、これも自分が好きな曲で、やる気が出るような曲を選ぶと良いでしょう。

よく学生時代の運動会などで、カッコイイ曲がかかると途端にやる気が出て、走る速度が上がったりしたという経験があるという方もいらっしゃると思います。
音楽にはそのような効果がありますので、運動をする際にも、上手に活用していただければと思います。

 

■移動中などでも活用する

通勤時や通学時など、移動が多い人は、移動時間も有効に使えます。
音楽だけでなく、英会話やラジオなどをスマートフォンからイヤホンで聴くことで、移動時間を有効に使うことができます。

電車の中では、本を読んだり、スマートフォンでニュースをチェックしたりする人も多いと思いますが、歩いている時はそれもできません。
その歩いている時間も有効に使うには、耳からラジオのニュースを聴いたり、英会話などの学習をすることができるのです。

ただ、あまり耳からの情報に集中してしまうと、周囲への注意がおろそかになり、事故に遭いやすくなりますので、注意してください。

 

■仕事に集中したい時

デスクワークをする際に、周囲があまりにも静かだと、逆に集中できない場合があります。
もちろん人によりますが、小さな音まで気になってしまったり、自分が音を立てるのを気にしてしまったりすることで、集中力が続かなくなるようです。

そういった理由があるので、喫茶店で仕事をすると、会社で仕事をするより捗るという意見が多いのです。
喫茶店は、周囲に人がいて、適度な騒音があります。

周囲に知らない人がいることで、自分が仕事をしているアピールをするために、やる気が出るというのもありますが、それよりも音の効果の方が高いと思われます。
喫茶店は大抵、なんらかの曲がかかっていますが、お客様の会話を邪魔しないように、ボリュームがかなり抑えられています。
そして、その周囲のお客様の会話が、うるさすぎず、静かすぎずの適度な騒音となって、集中力が高まるのです。

もちろん、時と場所によっては、お客様の会話が非常に大きい場合もあるので、あまりうるさすぎると集中できませんが、適度にお客様がいるような喫茶店は、仕事に集中するのに有効と言えます。

会社でのデスクワークで集中したい時は、イヤホンで好きな曲を聞きながら行うと良いでしょう。
その際は、あまり音は大きくせず、また音楽に気を取られないような曲が良いです。歌詞が気になってしまうような曲では、仕事に集中できません。

会社によっては許可してくれないところもあるかもしれませんので、そういったところでは諦めるしかないですが、そうでない場合はぜひ音楽を活用しましょう。

 

■やる気を出したい時

仕事などのやる気を出したくても、人には調子の善し悪しがあり、なかなかやる気スイッチをONにできない時があります。

そんな時に有効なのが、やはり音楽です。
自分の好きなテンポの早めの曲を聴くと、やる気が出てきやすいです。

ただ、それでもやる気が出ない時があります。
これはなかなか難しいのですが、そういった時でも、聴くとやる気が出る曲があるのです。

それは、テンポの早めの曲ではなく、心の底から勇気が湧いて出てくるような曲です。
映画やドラマなどで、これから戦場に死を覚悟して行く時に流れるような曲です。

人によって好きな曲が違うと思いますので、こればかりは探していただくしかありません。
アニメやゲームミュージックなどにもあるかもしれません。
女性の場合は、ミュージカル曲なども探していただければと思います。

一度そういった曲が見つかると、いつでもやる気スイッチをONにできるようになります。
仕事が忙しくて、すぐにやる気を出したい人には本当にありがたいものです。

そういった曲がまだない人は、ぜひ探してみましょう。

 
音楽をうまく活用することで、生活も快適にすることができるかと思います。
人によって様々な活用法があるかと思いますし、人によって有効な方法も違うと思いますので、色々と試してみると良いでしょう。

 



関連記事

正しい歩き方、走り方

生活の知恵11

トラブルに遭った時2

サバイバル術

髪の毛の洗い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

2 件のコメント 生活に音楽を取り入れる

  1. 加藤 より:

    これはすでに実践しています。家事をやるとき、お風呂入っている最中です

  2. 管理人 より:

    加藤様
    コメントとメールでのご連絡ありがとうございます。
    (エラーメールが返ってきたので、こちらから返信いたします)

    私も仕事やプライベートが忙しく、一人ひとりに時間をかけるのが
    難しくなっており、返信がなかなかできず申し訳ありません。

    コメントは確認しておりますが、先日コメントで返信した通りで、
    テキパキ仕事をこなすには、やはり頭の回転を良くする必要が
    あるかと思います。

    加藤様も努力されているようですが、やはり時間はかかると
    思いますので、がんばって続けてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。