ストレス克服法

0 Comments


忙しい日本人にとって、仕事、人間関係、家族など、様々なストレスに揉まれて生活している人がほとんどです。
ストレスを溜めすぎると、病気になったり、鬱になったりしてしまうので、時には発散することも必要です。
ストレスと上手に付き合う方法を考えてみましょう。

 

■自分流ストレス解消法を探す

ストレスを溜め込むのはあまり良いことではありません。
日本人は心優しい人が多いので、人から強く叱られたり、過度な責任を負わされても、自分一人で抱え込んでしまって、それがストレスとなって溜まってしまいます。

これがあまりに続いてしまうと、病気を発症させてしまったり、鬱という何もやる気が出ない病気になったりしてしまい、危険な状態となってしまいます。
そうなる前に、何らかの方法で、ストレスを発散することが非常に重要になってきます。

ストレス発散方法は、自分の好きなことをするのが良いです。
旅行に行ったり、カラオケで歌ったり、ゲームをしたりすることでも、十分にストレスを発散できます。

もちろん、自分がしたくないことはする必要はありません。
自分が趣味としていることをすれば良いのです。
ただ、やけ食いややけ酒などの、暴飲暴食によるストレス発散法は、健康に悪いのでこれらは避けましょう。

これらの方法ではあまり効果が期待できないと思った場合は、ただ静かに身体を休め、のんびりするという方法もあります。
どこか、リラックスできるような心地良い場所で、身体を楽な状態にしてぼーっとしてみましょう。
それだけでも心が落ち着き、リフレッシュ効果はあると思います。

もし、それらの時間さえ取ることができないほど、忙しくなっているのであれば、それは危険な状況と言えます。
あまりに忙しい状態が続いてしまうと、知らぬ間にストレスを溜め込んでしまいます。
その場合は、休暇やリフレッシュする時間が取れないかを相談してみてください。

ストレスが解消できたかどうかは、身体や頭がスッキリしたかどうかで判断できます。
もし、効果があると思ったことは、定期的に行うようにすると良いでしょう。

 

■運動をする

運動をすることでもストレスを解消できます。
運動と言うと敬遠されがちですが、軽い運動でも良いのです。

軽くスクワットをしたり、その場ジョギングを少しするだけでも、血流が良くなり、リフレッシュする効果が期待できます。
気分転換を兼ねて、散歩などをしても良いかもしれません。

時間があれば、筋力トレーニングやジョギングなども良いでしょう。
また、機会があれば、友達とテニスをしたり、水泳やその他のスポーツなどをしても、ストレス発散になります。

身体を動かすのは、誰にでも効果があり、最も手っ取り早いストレス発散法だと思いますので、試してみていただければと思います。

 

■ストレスを意識しない

仕事上のミスや、人間関係のプレッシャーなど、様々な場面でストレスを感じることはありますが、そういったことを
「あぁ、またストレスをかけられてしまった」
と、いちいちストレスだと思っていると、その考え自体がストレスとなってしまいます。

何かある度にストレスになったことを気にすると、気が滅入ってきてしまいますので、気にしないということも必要なことです。
イヤなことがあっても、すぐに忘れるということも時には必要です。
あまりくよくよと悩んでしまうと、ストレスを溜め込む原因となってしまいます。

もちろん、人の性格もありますし、状況によってはストレスを気にしないとか、すぐに忘れるというのは難しいと思いますが、神経質になりすぎない方が良いということです。
責任を押し付けられたり、ミスをしてしまった時なども、あまり重く受け止めず、気にしないようにした方が良い場合もあります。

日本人は優しい人種で責任感も強く、他国の人に比べてまじめで勤勉な人が多いため、ストレスを抱えやすいと言えます。
なるべくストレスを意識せず、溜め込まず、上手にストレスを発散していきましょう。

 

■適度なストレスは必要

人の性格は千差万別で、人から怒られたり、自分のミスで責任を追及されても、全く気にしないような性格の持ち主の方もいらっしゃいます。
それはそれで良い性格とも言えますが、あまりにストレスをストレスとも思わないのも問題があるかもしれません。

どんなにストレスを溜め込まない性格の人でも、適度の緊張感は必要です。
責任のある仕事を預かった場面で、緊張感のない言動を繰り返していては、信頼を失い、仕事が回ってこなくなってしまうかもしれません。
また、家族や友達などから、自分の悪い部分を指摘されても、何も気にしていないようなリアクションをしていては、そのうち見放されてしまうかもしれません。

ストレスを意識しないということも大事ですが、適度なストレスは必要なのです。
常に適度な緊張感を持ち、無理をしない程度でがんばりましょう。

 
色々と書きましたが、基本的にはあまりストレスを意識せずに、定期的に趣味や運動などでストレスを発散しましょうということです。
忙しい毎日を生きていると、色々なストレスがのしかかってきますが、上手にストレスを発散させて、健康に過ごしましょう。

 



関連記事

生活の知恵10

面白い雑学5

嘘の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。