人生設計を立てる

0 Comments


人生設計と言うと、なかなか真剣に考える機会がないかと思いますが、早い段階で自分の残りの人生の過ごし方を考えておくことは重要なことです。
この世に生を受けた以上、有意義な人生を過ごしましょう。

 

■大体の人生設計を立てる

人生は、白紙のキャンパスに絵を描くようなものです。
今までの人生で、既に下書きは終えています。
後は、色を塗っていくだけです。

人生設計は、大体の年代で区切るようにします。

20代の若いうちに旅行や恋を経験し、本を乱読したり、語学勉強などして勉学に励んだりする
30代は結婚、転職、独立、出産、マイホーム購入などを経験する
40代以降は今までの経験を活かし、世の中に感謝を還元する

もちろん、みんなが同じ道をたどるわけではありませんが、上のような大体の自分の計画を立てておくと良いでしょう。
ただなんとなく生きていては、やりたかった事があったのに、年を取ってできなくなってしまったということが出てきてしまいます。

この年までにこれをやるというのをいくつか考え、メモなどをしておくと良いかもしれません。

やりたかった事ができなかったとか、既に道を間違えていたということも出てくるかもしれません。
でも、大丈夫です。
間違えても、また描き直しをすれば良いのです。

 

■天職を探す

人生のほとんどの時間は、仕事をしている時間となるのが普通だと思います。
しかし、この仕事が自分の嫌いな仕事だと、ずっと自分の人生の中で、嫌な時間を過ごすことになってしまいます。

ですので、なるべく自分の好きなことを仕事にした方が良いのです。

自分の好きな事が何かを気づくことは、実は簡単です。
一つ質問をします。

「今までの人生の中で、最も時間を費やしてきたことは何ですか?」

ただし、睡眠時間や学業、仕事は除外してください。
ほとんどの人が趣味の時間となりますが、その答えがあなたの一番好きな事でしょう。

実は、この自分が好きな趣味に関連することを仕事にすると、あなたの天職となる可能性が高いのです。

例えば、ギターを弾くのが趣味だったら、ギター教室を開いたり、音楽関連の仕事に就くと楽しく仕事ができるでしょう。
ゲームが趣味なら、ゲームクリエイターや、ゲーム評論家などがあります。

もちろん、そんな仕事に就くのは容易ではありませんし、誰もが楽しい仕事に就きたいという願望は持っているでしょう。
しかし、それを乗り越えてでも、自分が好きな仕事をするべきだと私は思います。

私も子どもの頃からゲームやコンピュータが好きで、今はIT関連の会社を起ち上げましたが、仕事をすることが楽しいので、仕事が趣味のようなものになっています。

趣味を仕事にするといっても、色々な方法があるのです。
自分が起業すれば、どんな仕事をしようが自由なのですから。

リスクがありますので、全員に勧めるわけではありませんが、今の仕事があまり楽しくないなら、一度真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

 

■趣味を探す

仕事でもそうですが、自分の好きな趣味を探し、それに時間を費やすことが人生を充実させることにつながります。

現在は世界的不況で、仕事ばかりで趣味もないという人も増えているかと思いますが、それではやはりつまらない人生になってしまいます。
なるべく自分の時間を作り、自分の好きな趣味を見つけて、その趣味に時間をかけられるようにしましょう。

趣味がないと言う方には、一つの質問をします。

「もし一生困らないほどのお金があり、時間も十分にあるとしたら、残りの人生を何をして過ごしたいですか?」

その答えがあなたの一番やりたいことでしょう。

それすら答えが出ないようであれば、まだ自分の好きなことが見つかっていないのかもしれません。
その場合は、経験が足りないと思われますので、海外旅行やボランティア活動など、色々な活動を行なってみてください。
また、たくさんの人の意見を聞き、どんな趣味があるのかを聞いてみてください。
共感したり、自分のしたいことが見つかるかもしれません。

自分のしたいことが見つかったら、趣味の時間として過ごすと、有意義な人生を過ごせるようになるでしょう。

 

■信頼できる人を探す

信頼できる仲間や、配偶者がいれば、人生も楽しくなるでしょう。
そのためには、人脈を広げる努力をし、気が合いそうな人がいたら、積極的に接触するようにすると良いと思います。
交流会や飲み会などに参加したり、友達に知人を紹介してもらったりして、人脈を広げていきましょう。

気が合わなさそうな人とは、無理に付き合う必要はありません。
仕事上、やむを得ない場合は仕方ないですが、そうでない場合は、時間の無駄となるだけですので、お誘いなどがあっても断りましょう。

結婚はもちろんですが、親友と呼べる人が多いほど、人生は充実します。
なるべく多く人と交流するようにして、気の合う人を探してみましょう。

 
人生設計というよりは、人生の充実のさせ方となってしまいましたが、少しでも参考になりましたら幸いです。
なるべくアクティビティに活動し、自分の人生を有意義に過ごせるようにしましょう。

 



関連記事

生きる権利と死ぬ権利

人生に行き詰まったら

人生における仕事

幸せになる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。