生活の知恵3

0 Comments


前回に引き続き、生活に役立つ知恵を少しご紹介できればと思います。

 

■隙間時間を無駄にしない

どんなに忙しくても、隙間時間というのは発生すると思います。
何かを待つ時間であったり、予定よりも早く前の作業が片付いてしまって、少し時間が空いたりするのはよくあることです。

このような時はボーっとしても良いのですが、時間がもったいないので、予め隙間時間にやることを決めておくと良いでしょう。
15分でできるToDoリストのようなものを作っておくと良いと思います。

例えば、スマートフォンでニュースをチェックするとか、ブログの記事を考えるとか、携帯ゲームをするとか、人によって色々とあると思います。
いくつかToDoリストに書いておき、隙間時間が発生したら、その時間を有効に利用するようにしましょう。

また、PCの起動時間やテレビ番組中のCMの時間、待ち合わせや交差点の信号待ち時間など、ごく短時間の隙間時間にやることを決めておくのも有効です。
家であれば、雑誌を少しでも読み進めるとか、外であればスマフォでメールやニュースのチェックなどです。

少しの時間も無駄にしないことで、有意義な生活を送ることができます。
ただ、あまりにバタバタと過ごしすぎるのも、脳がずっと緊張状態になってしまうのであまりよくないかもしれません。
たまにはリラックスしてボーっとする時間もあった方が良いと思います。

もちろん、ボーっとしすぎるのもよくないので、ほどほどにリラックス時間を取り、隙間時間を有効に使って、無駄のない人生を過ごしましょう。

 

■空腹で眠れない時

ダイエット中の時や、忙しくて食事を抜いた時など、空腹すぎて夜眠れなくなることもあります。
しかし、眠る直前に食事を取ってしまうと、消化のために腸がエネルギーを使うことになり、熟睡ができなくなります。

こういった場合、水を飲むようにすると良いでしょう。
水でお腹を膨らませれば空腹がまぎれますし、太る心配もなく、歯を磨き直す必要もありません。

また、睡眠中にも汗をかくため、眠る前の水分補給は非常に良いと言われています。
朝起きた場合も同様に、すぐに水分補給をした方が良いようです。

ただし、飲み過ぎると夜中にトイレに起きるハメになりますので、注意しましょう。
眠る前にコップ1杯、起きてからもコップ1杯の水を飲むのがベストのようです。

 

■毎日の献立はローテーションにする

一人暮らしでもそうですが、特に専業主婦の方には、毎日の献立に悩んでいらっしゃる方も多いと思います。
一人暮らしの人は、自分が食べたいものを適当に決めれば良いですが、毎日となってくるとやはり面倒になったりするものです。

そこでオススメなのが、自分が作れる料理のレパートリーを書き出し、順番を決め、それをローテーションで毎日の献立にすることです。
これで、毎日悩まずに献立が決まります。

もちろん、季節によって向き不向きの料理もありますので、その辺りはローテーションの別枠に書いておいて、食べたい時に組み込めば良いのです。
また、料理する時間の関係もありますので、その日のメニューが難しい場合は飛ばしたり、順番を入れ替えても良いと思います。

レパートリーを増やしたい時は、クックパッドのようなサイトなどで新しい料理を挑戦してみて、できると思ったら、ローテーションに組み込めば良いでしょう。

毎日の献立のようなものに悩むのは、時間がもったいないというものです。
家族に食べさせるのであっても、大抵の人は「何でも良い」と言うので、ローテーションで献立を決めても問題はないと思います。

 

■関東はなぜ味が濃いのか

カップラーメンなど、関東はスープが濃いのに、関西の方は薄味でも出汁が美味しいと言われています。
これには理由があります。

土壌の関係で、関東の方は水が硬水で、関西は軟水のためです。
硬水は出汁が溶けにくく、なかなか美味しい出汁が取れないのです。
そのため、塩などで味付けをするしかなく、味が濃くなってしまいます。

関西は軟水なので、出汁が溶けやすいのです。
なので、塩などの他の調味料を加えなくても、出汁だけで十分に美味しいのです。

塩分の取り過ぎは身体にあまり良くないので、関西の出汁が取れる軟水の方が良いのは言うまでもありません。
日本の東側に住んでいる人は、塩分の取り過ぎに注意していただければと思います。

 

■重曹の使い道

私も最近まで知らなかったのですが、重曹は色々な使い道があり、かなり便利なものです。

例えば、食事で口の中がネギの匂いが残ってしまうことがあったりしますが、このような時はコップ1杯に重曹スプーン1杯分くらいを溶かし、うがいをするとすぐに匂いが取れたりします。
重曹は、ベーキングパウダー代わりとしても使えるので、体内に入っても問題ありません。
ただし、重曹にも種類があるようなので、口に入れても問題ない重曹かどうかを確認してから行なってください。

また、洗剤の代わりとして使うこともできます。
洗面台などには、スポンジを湿らせて重曹をつけてこするとキレイになります。

洗濯をする時に、洗剤と一緒に少量の重曹を入れるのも良いそうです。
重曹のマイナスイオンが汚れ落ちを良くするとのことです。

他にも洗顔やシャンプー、魚の臭い取りなど、重曹の使い道はたくさんありますので、興味があればご自分で調べて活用していただければと思います。

 
お役に立てる知恵かどうか分かりませんが、少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

 



関連記事

生活の知恵10

面白い雑学5

嘘の特徴

正しい風呂の入り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。