ポジティブ思考とは

0 Comments


このサイトでも何度かポジティブ思考になる方法をご紹介してきましたが、他に考慮すべき点をご紹介させていただければと思います。

 

■後悔しない

「我、事において後悔せず」という宮本武蔵の名言があります。
あらゆる物事に全力で挑めば、何も後悔することはないということで、非常にポジティブな考え方かと思います。

たとえ失敗したとしても、最善を尽くして全力でぶつかったのであれば、くよくよ後悔する必要はないということです。
すぐに頭を切り替えて、次のことにまた全力で挑むようにしましょう。

ただし、反省することは必要です。
くよくよと失敗を嘆いていても何も得られませんが、反省するということは、何が原因で失敗したのか、次はどのようにすればうまくいくのかを考えることです。

せっかく失敗で得た経験を無駄にせず、次に活かせるようにしましょう。

また、その失敗を笑い話として友人などに話すのなら良いですが、愚痴をこぼすのはやめましょう。
そのような話はネガティブな思考を招いてしまいます。

基本的に人間は後悔しやすい生き物です。
何か重要な選択に迫られた時、
「こっちを選んで失敗したらどうしよう・・・」
と悩んでしまうものです。

ただ、こういう名言もあります。
「あなたはどちらを選んでも、必ず後悔するだろう」

優柔不断で決められないような人は、決心していずれかを選択をしても、
「やっぱりあっちを選んでいた方が、もっと良くなっていたのではないだろうか」
と考えてしまうものです。
従って、このような性格の人は、どちらを選んでも後悔する可能性は高いということです。

このような場合、ポジティブな名言もあります。
「あなたが選んだ方が正解です」

悩んだ末に、自分が決めた選択肢であれば、後悔することはせずに自分を信じましょう。

 

■楽しいことや嬉しいことを考える

何かを選択する時もそうですが、仕事をする時なども、楽しいことや嬉しいことを想像するとやる気が出てポジティブに近づけるかもしれません。

「この仕事が終わったら、あのおいしいジュースを飲もう」
「仕事を早く片付けて、友だちを誘ってあのお店に飲みに行こう」
など、仕事のことを考えるよりも、終わってからの楽しみを考えながら仕事をすると、はかどる可能性は高いでしょう。

もっとポジティブになりたいなら、仕事自体を楽しみにしてしまうことです。
「この資料をどのように作成したら、上司も喜んでくれるたろうか」
「このサービスを付けたら、お客様も驚くだろう」
など、自分のしている仕事に目標を設けたりして、それを楽しんでみることです。

イヤイヤ仕事をしているようでは、仕事もはかどりませんし、周囲の人もそれを察知してネガティブスパイラルに入ってしまうかもしれません。
楽しいことや嬉しいことを想像し、自分からポジティブに考えて物事に取り組むようにしましょう。

重要な選択に迫られた時も、
「どちらの方が楽しそうか」
「こっちを選んだ方が、あの人が喜ぶのではないか」
などを考えると良いかもしれません。
どちらを選んだ方が、よりワクワクするかを基準にするのも良いかもしれません。

楽しいことや嬉しくなるようなことを考えると、人はポジティブになれるということを心がけておきましょう。

 

■不安はどうすれば打破できるかを真剣に考える

誰しも悩みや不安といったことは、少なからず抱えているものです。
そういった不安なことは、どうすれば打破できるかを真剣に考えましょう。

一時的な仕事の不安であれば、過去の事例を調べたり、頭の良い人に打開策を聞くなど、全力で取り組めば不安も取り除けるかもしれません。
不安のまま仕事を進めてしまうと、失敗してしまうこともありますし、やる気も削がれてしまいます。
仕事の不安などは早めに取り除くようにしましょう。

常に抱えているコンプレックスであれば、それについて人がどう思っているかを聞いてみたり、インターネットを調べたりすれば解決できるかもしれません。
コンプレックスなどは、他人にとってはそれほど気になる部分でもなく、逆にそれが個性となっていて良いと言われる場合もあります。
一度、コンプレックスを受け入れて、そういった弱さを含めて自分である、ということを認識すれば、今まで悩んでいたことも、コンプレックスではなくなるかもしれません。

不安を抱えたままでは、どうしてもネガティブな考えになってしまいますので、それを打開したい場合は、一度打開策や解決方法などを真剣に考えてみるようにしましょう。

 

■健康を害するとネガティブになりやすい

よく風邪をひいてしまった時に、
「風邪が治らなかったらどうしよう・・」
「あの仕事は大丈夫だろうか・・」
などと、ネガティブ思考になってしまった人もいらっしゃるのではないでしょうか。

人間は、病気になったりすると、ネガティブ思考になりがちです。
身体が健康でなくなってしまうと、様々な不安が生じるためです。

ポジティブ思考を維持するためには、健康は不可欠です。
普段から健康に気を遣い、なるべく病気にならない身体を維持するようにしましょう。

食べるものは、なるべく健康に良いものを摂取し、ジャンクフードやお菓子などの身体にあまり良くないようなものはなるべく控えましょう。
また、タバコは論外ですが、お酒の飲み過ぎも注意しましょう。
健康を維持するためには、運動を定期的に続けることも大切です。
睡眠も、7時間程度眠るのがベストですが、最低でも6時間は眠るようにした方が良いでしょう。

ポジティブになるには、健康で気力が充実している必要があります。
健康を維持してポジティブ思考になれるように、日々努力しましょう。

 



関連記事

向上心を身につける

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。