新型コロナウイルスについて41

0 Comments


前回に続き、新情報なども含めて新型コロナウイルスについて検証してみたいと思います。

 

■結局コロナは風邪だったのか

以前は「コロナはただの風邪だ」という発言を非難されたりしましたが、今は当たり前のようになってきています。
結局コロナは、風邪と同類なのでしょうか?

オミクロン株になってから、毒性が弱まったということもありますが、元々空気感染をする新型コロナウイルスは、他の風邪ウイルスに近いと考えて良いでしょう。
もちろん、他の風邪ウイルスよりも、毒性と感染力は強いのですが、ただそれだけの話です。

風邪ウイルスも、空気感染するものがありますし、免疫力が低下すれば、誰に移されたわけでもないのに風邪をひくことがあります。
新型コロナウイルスも、上陸当初は感染するか否かが重要でしたが、今となってはどこにでもいる野良ウイルスとなっており、免疫力が低下すれば発症するというものになりつつあります。

専門家も、「コロナにかかっても大したことはない」ともう言っているようです。
経済的にも、精神的にも、専門家のせいで苦しめられることになったのですが、必要以上に騒ぎ立ててしまったことを謝罪していただきたいものです。

 

■コロナを恐れすぎたのか

日本はコロナを恐れすぎたと言えるでしょう。

緊急事態宣言に始まり、海外旅行者制限やまん延防止法、外出自粛要請などで、旅行業界や飲食業界などに多大にダメージを与えてきましたが、中国のゼロコロナ政策を見ても、間違いだったのは明らかと言えます。

「コロナを必要以上に恐れてはいけない」と言っていた人まで、必要以上に恐れてしまい、みんながコロナを恐れすぎたためにこのような結果となり、今でも日本は大不況に見舞われています。
もちろん、今の大不況の原因はコロナ対策の失敗だけではありませんが、これから増税するという話も挙がっており、この増税がコロナ対策失敗が大きな要因となっていることは容易に想像できます。

政府は、防衛費増額のために増税をするというようなことを言っていますが、これは名目である可能性が高いでしょう。
昨今のロシアのウクライナ侵攻や周辺国の警戒などもあるので、防衛費にお金をかける必要もなくはないですが、国の借金の返済にも税金を回さなければならないのは事実です。

コロナ対策で治療費やワクチン関連、給付金などで、多大なお金を使っており、国債も一気に増えました。
このまま間違ったことをしていては、増税せざるを得なくなるということは、以前にも書いた通りですが、恐れていたことが現実となってきました。

政府のコロナ対策失敗で大不況となったことで、税収も減ってしまったため、さらに増税をして景気を悪くするという、典型的な政治家が民衆を苦しめる構図となっています。

日本が戦争に巻き込まれる事態となっているなら防衛費がかかるというのはまだ分かりますが、今この大不況の中、富裕層以外の国民みんなが苦しんでいる中で、防衛費増額などと言っている場合ではなく、むしろ減税などして景気回復に努めるべきではないでしょうか?

以前は、私も景気対策として、消費税を減税して、所得税や法人税の累進課税を変えて富裕層から税金を取るべきと書いてきましたが、もはやそのような対策も焼け石に水というレベルになってきています。
まあ、今でもそうしないよりはした方が良いのですが、とにもかくにも、今の自民党ではお話になりませんので、選挙で誰か頭の良い方たちに政権を代わっていただくしかないでしょう。

頭の良い政治家というのがなかなかいませんが、民主主義である日本では、我々国民が国の命運を握っているということは忘れてはなりません。

 

■マスクを外させた方が良い?

今年の夏の第7波の時も、日本がコロナの新規感染者数が世界一となっていましたが、この冬の第8波でも日本が世界一の新規感染者数となっているようです。

日本人はマスクをしている人が多く、世界でも一番マスクをしている国と言っても過言ではないのですが、どうして感染者数がこれほど多いのでしょうか?

このサイトをご覧になっている方には、何度も同じことを聞かせることになってしまいますが、ずっとマスクをしていると、免疫力を低下させてしまうと考えられるからです。

マスクは飛沫感染しか防げませんので、空気感染をするコロナには効果的ではなく、感染拡大を抑えることができません。
それに加えて、ずっとマスクを付けていることで、本来無数の雑菌が呼吸などで入ってくるものが入ってこなくなることで、免疫細胞の餌が少なくなって免疫細胞の活動が鈍くなります。

そのため、いざコロナウイルスが入ってくると、免疫細胞が対応できずにやられてしまい、コロナウイルスが体内で爆発的に繁殖して発症しやすくなると考えられます。

他の国では、マスクをしている人が少ないため、免疫力の低下もなく、コロナの感染も落ち着いていると思われます。
日本でも、健康な人はマスクを外すように呼びかけた方が良いでしょう。

コロナから自分の身を守っていてくれていたのは、マスクではなく、自分の体内にいる免疫細胞です。
まず、ここの認識から改めてもらわなければ、いつまで経っても改善しない可能性がありますので、皆さんには一刻も早く理解していただきたいものです。

 



関連記事

口内炎の対処法

関節痛の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。メールアドレスを入力すると、返信があった時に通知されます。
※が付いている欄は必須項目です。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。