モテる方法

4 Comments


私はモテる方ではありませんが、経験や情報から今まで学んだものを少し書き残しておこうと思います。
役に立つかは分かりませんが、何かの参考になれば幸いです。

 

■容姿に気を配る

第一印象は容姿で決まります。
見た目は、モテるために非常に重要な要素になります。

とは言っても、元々顔立ちが良くないという人には、整形しろというわけではありません。
顔立ちが良くない方であっても、努力次第で何とかなる場合も多いものです。

まず、清潔感は必須のようです。
髪もボサボサ、服もよれよれの薄汚れた服を着ているようでは、誰も寄ってきてはくれません。
きちんと毎日シャワーを浴び、服にも気を遣い、髪型も清潔に保つようにしましょう。

また、体型にも気をつけましょう。
太ってしまうと、だらしなく見えてしまいます。
もちろん、太っている異性の方が好きという方もいらっしゃるので、そういったケースは問題ありませんが、ほとんどの人が太りすぎの異性はポイントが下がってしまいますので、気をつけましょう。

イケメンでなくとも、雰囲気イケメンになるなことは可能です。
顔に自信がない場合は、ヒゲや眼鏡などでごまかすこともできるかと思います。
もちろん、女性であっても、髪型やメイクなどで可愛く見せることはできるはずです。

特に髪型は本当に重要で、髪型次第で印象もだいぶ変わってきます。
女性でショートが似合う人は、顔立ちが良い人です。
顔立ちに自信がない女性はロングにした方が良いかもしれません。

男性の場合は、イケメンでないとロン毛は似合わないかと思います。
男性の場合も、髪型をかっこ良くすることで、雰囲気イケメンになることもできるでしょう。

もちろん、服装も重要で、オシャレな服を着ることで、ポイントは上がるかと思いますので、あまりセンスがないと自分でも思う方は、ファッションも勉強すると良いかもしれません。

 

■積極的に動く

出会いがないと嘆く方も多くいらっしゃるようです。
職場や友人に、恋に発展する異性がいない場合は、自分から積極的に婚活をするしかないようです。

合コンや婚活パーティ、結婚相談サイトなどに参加することによって、出会いの数を広げていくことができますので、こういったものを活用するのが手っ取り早いかと思います。
あからさまに婚活をしたくない場合は、趣味のイベントなどを通じて出会いを探す方法があります。

例えば、テニスが好きなら、テニスサークルのようなものを探して参加するなどです。
料理教室や英会話などの学習イベントなどで出会いを探す方法もあります。
ただ、こういった目的がはっきりしているものに参加しているのに、ナンパばかりしてしまっては、周囲の人に迷惑になりますので、注意してください。
こういったイベントでは、自然に仲良くなって、恋愛に発展するケースがありますが、ナンパを目的としてしまうのは、主催者側の意図に反することになりますので、出会いを探すのはあくまで二次的な目的と割りきっておきましょう。

参加できる合コンがあまりない場合は、友人を通じて、そういったイベントを主催するのが好きな人を探しましょう。
交流を広げていけば、必ずそういった人はいらっしゃいます。

友人が少ない人は、まずインターネットで、気軽に参加できるパーティなどを探してみて、参加してみましょう。
そういったパーティでイベントを主催することが好きな人を見つけて仲良くなり、合コンに誘ってもらうように言えば、定期的にお誘いがくる場合があります。

出会いを増やすには、積極的に動くしかありませんので、恋愛したい人は心掛けるようにしましょう。

良い出会いがあって、仲良くしたい異性が現れた場合も、積極的にアタックする必要があります。
まずは、メールやSNSで会話をして仲良くなりましょう。

メールのコツとしては、基本的に相手の返信があったら、なるべく早めに返すようにして、質問は1つのメールにつき1つにすると良いようです。
質問をしないと、メールが途切れてしまうかもしれませんし、あまり1度のメールでたくさん質問をしてしまうと、どんどん長文になるので、相手があなたに送るメールが面倒になってきてしまいます。

メールの書き方ですが、男性の場合、絵文字を多用したり赤ちゃん言葉のような書き方をしている方がたまにいらっしゃるようですが、相手に気持ち悪がられる可能性があるので避けましょう。
普通に友達と話す感覚で良いと思います。

また、相手からの返信の早さや、自分への質問などによって、相手の自分への好感度が分かります。
あまり相手の反応が良くないようであれば、脈がない可能性が高いので、引き際を見極めた方が良いかもしれません。

メールで仲良くなったら、自然な会話の流れで、二人で食事か飲み会に誘うと良いでしょう。
このくらいのお誘いであれば、女性から誘っても構いません。

何度か二人で食事やデートをしてから、告白して正式にお付き合いしたいと言いましょう。
二人で食事やデートを重ねると、告白の成功率が上がります。
告白がないまま、デートや夜の営みを続ける人もいらっしゃるようですが、けじめのために告白して正式にお付き合いするという形にした方が良いでしょう。

告白は、基本的に男性からします。
女性の場合は、男性から告白させるように仕向ける方が良いようです。
女性が告白してしまうと、調子に乗る男性もいるようで、浮気をされてしまうケースも多いようです。

なかなか相手の男性の方が奥手で、告白を受けれないという場合は、女性から告白しても構わないかと思います。
バレンタインデーなどを利用して、相手も告白させることを促すというのも良いかもしれません。

いずれにしても、自分から積極的にならないと、なかなか恋人を作るというのは難しいようです。
待っていても埒が明かないと思いますので、出会いがほしい人は積極的に動くようにしましょう。

 

■相手に興味を持つ

会話では、基本的に相手に話をさせる方が、自分への好感度が高まるようです。
相手の好きな話題を探り出して、相手に話させるようにしましょう。

合コンやパーティなどで、この手法を使えば、好感度が上がる場合があります。
なるべく相手に興味を持ち、質問していくことで、相手の好きな話を引き出していきましょう。

その方が、自分の話ばかりするよりも、よほど相手に好かれるのです。
相手に話をさせることで、「この人は自分に興味を持ってくれている」と思わせることができるのです。

もちろん、仲良くなってからは、自分の話ばかりしても構わないかと思いますが、相手に興味を持ち続けることは必要です。
夫婦同士でも、相手への興味がなくなってしまうと、関係が冷えきってしまいます。

なるべく相手の好みを知り、喜ばせることができれば、良い関係が長く続くようになります。
関係が長く続いていくと、どうしても相手への不満が出てきたり、相手の言動が許せないなどが出てきてしまうものですが、相手の立場に立つと、自分への不満も見えてくるものです。
良好な関係を続けたい場合は、相手への配慮を忘れないことが大切です。

性格もなるべく相手に合わせると良いでしょう。
ゆっくり話す人には、ゆっくりと話してあげたり、マメにメールをする人ならマメにメールを返すなどです。
ただ、これについては、性格が全く異なる夫婦でも、良好な関係が続くケースもあるようなので、一概に相手の性格に合わせれば良いとは言い切れません。
性格を合わせられる部分は合わせるという程度で良いかと思います。

また、これから相手を探す人は、同じ趣味を持っている人を探す方がうまくいきやすいでしょう。
野球観戦や旅行など、趣味が合えば一緒に行動してても楽しいからです。
インドア派なら、恋人もインドア派の方が気が合います。

こういった趣味や人の好みというのは、簡単には変わりません。
私も、親友がF-1観戦が好きで、私にも勧められたのですが、どうにも興味を持つことができず、挫折した記憶があります。
逆に、私は三国志時代が好きなので、その親友に小説などを勧めましたが、全く興味を示しませんでした。
いくら親友でも、趣味までを合わせることはできないものなのです。

夫婦であっても、趣味や好みが異なれば、途中でうまくいかなくなる場合があります。
これから相手を探す人は、なるべく同じ趣味の人を探すと良いかと思います。

 

■自分を磨く

相手への興味も大切ですが、その前にまず自分が魅力的な人間かを改めて見つめ直してみましょう。
外見もそうですが、仕事や地位、経済状況や自分の性格など、恋人にとってそれが魅力的かを考えましょう。

いくらイケメンであっても、性格も悪い、仕事もお金もないでは、モテない可能性も出てきます。
女性の場合も同様で、性格が悪ければモテなくなりますし、見た目がキレイでも、部屋が汚いとか、料理も何もできないでは、幻滅されてしまうかもしれません。

モテないと嘆く前に、自分に問題ないかを見直し、日々自分を磨くことを心掛けましょう。
自分を磨き続けていれば、それに気づいた人が興味を持ってくれるかもしれません。

恋人がいる人でも、自分を磨くことを忘れてはなりません。
相手がいるから安心と言って、体たらくな生活を送っていると、愛想が尽きてフラれてしまうかもしれません。
夫婦であっても、あまりにひどければ、離婚を要求されるかもしれないのです。

相手を敬うのと同時に、自分磨きも忘れないようにしましょう。

 
ざっと書いてきましたが、私もモテる方ではないため、何か良いご意見があれば、コメントを残していただければと思います。

 



関連記事

嘘の特徴

話術を学ぶ9

嘘を見抜く

このエントリーをはてなブックマークに追加

4 件のコメント モテる方法

  1. 奈良 より:

    よく通勤中にこのサイトの記事を読ましていただいてます。

    コミュニーション事なのですが、会社の飲み会 や 友人と遊ぶ時など
    どうしてもノリよく楽しんだりすることができません。
    生真面目なのと、どう合わせたらいいのか分からないや
    あまり感情を表現できない など原因は多いと思います。
    診断とかをすると
    あなたはコミュニケーションを情報交換程度としか思ってません。
    ってでます、実際あまりしゃべらないので否定はできませんけど・・。

    自分を変えようと思い、本やサイト を見たりするのですが
    記憶力が良くないので、(笑顔 や リアクションを大げさにする等)
    内容を意識して実行するのがなかなかできません。

    せっかく皆で楽しむ場なので、自分も楽しみたいと思ってます。
    笑って暮らした方が、人生もメリハリが出てくるでしょうし、
    気にしてる時点で難しいかもしれませんが・・。
    三日坊主になりなくく少しずつ実行していける、努力方法・心構えみたいなのは
    ないでしょうか?
    長文すいませんでした。

  2. 管理人 より:

    奈良様。
    いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます。

    コミュニケーションに自信がないとのことですが、まず自分に合った友達を作ることをお勧めします。
    コミュニケーションがあまり上手でないと、他の人から遠ざけられてしまう場合もあるので、自分と同じような、話があまりうまくない人と仲良くして、徐々にコミュニケーションの練習をしていっていただければと思います。

    また、コミュニケーション力を高めるような講座がありますので、インターネットなどで探して受講してみてはいかがでしょうか?
    同じような悩みを持つ方が受講されていると思いますので、そこでも新しい友達ができるかもしれません。

    やる気さえあれば、必ず改善することかと思いますので、がんばって行動するようにしましょう。

  3. ななし より:

    男は年収と社会的地位が高く無いと女性には全く相手にされません。
    そしてそういう職業につくにはよっぽど何かの才能が無い限り良い大学を出て就職活動を戦い良い会社に入らなくてはいけません。
    それに失敗した人間はそれから努力しようと
    全くの無駄なのです。
    今まで彼女もできなくて友達も一人もいない、超絶不細工で学歴も低い自分はあらゆる女性からゴミとしか見てもらえないようです。

    このサイトの他の記事を読んで、自分には生きる資格がないと思いました。

    近いうちに命を絶つつもりです。

  4. 管理人 より:

    ななし様。
    お気持ち、よく分かります。

    確かに努力が実らない人もいらっしゃいますが、良い大学や良い会社に入ることが全てではないと思います。
    努力が実らないのは、その人にその分野が向いていないからで、自分が力を発揮できる分野を探したらうまくいくようになるかもしれません。

    また、容姿が悪くてモテないというのは、私も人のことが言えませんので、よく分かります。
    どうしてもモテないという場合は、整形という選択肢もあります。

    確かに、あまりに容姿が良くないと、誰からも相手にされず、悲惨な人生を強制的に歩まされてしまいますが、そういった方は、整形によって人生が劇的に変わったという話も聞いたことがあります。

    もし、本当にお悩みであれば、検討してみていただければと思います。

    もしくは、結婚を諦めて独りで生きるという選択をすると、楽になる場合があります。
    私も、ほぼそのような考えになっております。

    人付き合いは、仕事上の必要最低限として、一人で楽しめる趣味などがあれば、人生も楽しめるようになるかもしれません。
    もっとも、人と接していないと寂しくなってしまう人には向いていないので、オススメはできません。

    自殺を実行してしまう前に、色々と考えてみていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。