入浴剤のススメ

0 Comments


※この記事は過去の記事からの再掲載となります。

 

■お風呂に入浴剤を入れる

お風呂に入る時は、なるべく入浴剤を使いましょう。
お風呂に入浴剤を入れるメリットは色々とあります。

健康や肌に良いのはもちろんですが、香りも楽しめますし、入浴後の保温効果が続くものもあります。
お風呂から出た後は、入浴剤を洗い流す必要はなく、むしろそのままで身体を拭いた方が、温泉成分が残って保温効果や保湿効果が期待できます。
温泉成分と同様の原料が含まれるものがありますが、身体に害がある成分は含まれておらず、人体には安全です。

また、一番風呂は心臓に負担がかかると言われていますが、入浴剤を入れることで、これを緩和することができます。
さらに、お風呂の水を、後で洗濯水として使うという人でも、入浴剤の入ったお風呂の水をそのまま使えます。
むしろその方が洗濯物にも香りが移るので、入浴剤が入ったお風呂の水の方が良いと言えます。

このように、お風呂に入る時は入浴剤を入れると、いいことずくめです。
もし、普通のお湯に浸かっているという方がいらっしゃったら、試してみることをおすすめします。

色々とご紹介させていただきましたが、少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。
他にも生活の知恵があれば、別の機会にご紹介できればと思います。
 



関連記事

トイレが詰まった時

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。メールアドレスを入力すると、返信があった時に通知されます。
※が付いている欄は必須項目です。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。