「いただきます」の真の意味

0 Comments


※この記事は過去の記事からの再掲載となります。

 

■食べるということは命を「いただいて」いる

食べる前に「いただきます」という家庭は、まだ結構あると思いますが、この「いただきます」は、本来、料理を作ってくれた人に対して言っているのではありません。

目の前の料理に対して、
「あなたの命をいただきます」
と言っているのです。

人間に限らず、動物は他の生物を殺して食べています。
あなたが毎日食べている料理は、誰かが動植物を殺し、調理され目の前にあるのです。

だからと言って、生きていくために食べない訳にはいきません。
食べる前に、両手を合わせ、死んでしまった動植物に感謝しましょう。

食べるという行為の真の意味が分かっていれば、暴食することもなくなるでしょう。

食事は、あなたの健康や若さ、体型に直結します。
常にそのことを忘れないようにしましょう。
 



関連記事

トイレが詰まった時

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。メールアドレスを入力すると、返信があった時に通知されます。
※が付いている欄は必須項目です。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。