生活の知恵17

0 Comments


前回に続き、生活に役立つかもしれない知恵を少しご紹介させていただこうと思います。

 

■足の爪が刺さる時

あまりないかもしれませんが、長時間歩いた場合など、足の爪が隣の足指に刺さり、痛くなって歩きづらくなることがあります。
出血もするので、テーピングをしたりするのですが、一度こうなってしまうと、何も予防をせずに歩くとまた足の爪が刺さり、同じことを繰り返してしまいます。

毎回痛いですし、テーピングをして治すのも時間がかかります。
予防法としては、爪の角をよく切っておくとか、歩く時に毎回何かを巻いたり、足指に何かを挟んだりするという方法がありますが、いずれの方法も面倒なものです。

同じ悩みをお持ちの方にオススメしたいのが、5本指ソックスです。

これは、手袋のように靴下に指を入れる部分があるもので、これを履くだけで爪が指に刺さるのを防げるので楽です。

爪が隣の指に刺さるということは、爪の角が尖っていたりして、足指ソックスに爪がひっかかって履きづらかったりしますが、指を完全に入れる必要はありません。
要は爪さえカバーしていれば、隣の指に刺さることはないので、指が半分くらいしか入っていない状態でも問題はないと思います。

ただ、このソックスは、居酒屋などで靴を脱いだ時に恥ずかしい思いをする場合もありますので、そういったところに行く時は、普通の靴下にするなど、使い分けた方が良いかもしれません。

 

■トイレの臭い消し

トイレの臭い消しは、芳香剤や消臭剤を使うという方も多くいらっしゃるかと思いますが、完全に臭いを防ぐのは、こういったものでは難しいかもしれません。

まぁ、問題ないという方はそれで良いとは思いますが、芳香剤や消臭剤を使っても、便器の近くまでは効き目が薄く、来客時などに臭いが気になるということもあるかと思います。
私も備長炭や、スプレー消臭剤など、色々試しましたが、どれも臭いを完全には防ぐことは難しいようです。

最も効果が高かったのは、大きい方の用を足して水を流した後、毎回トイレ用の洗剤を少量吹きかけるという方法です。

トイレ用の洗剤は、当然トイレを掃除する時に使うものですが、実は消臭効果も非常に高く、毎回これを行うようになってから臭いが気になることはなくなりました。

この洗剤は、泡状に洗剤が出るスプレー型のものです。
毎回、洗剤を吹きかけるというのは、面倒と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、大きい方の時だけで良いですし、流した後に少量吹きかけるだけで、掃除をする必要はありませんので、それほど手間ではないと思います。

もし、トイレの臭いが気になるという方がいらっしゃったら、試してみていただければと思います。

 

■エアーベッド

ベッドが邪魔とか、引っ越しの際に大変など、ベッドの扱いは意外と悩みの種となるものです。

ベッドでそういった悩みがある方にオススメしたいのがエアーベッドです。
エアーベッドというのは、その名の通り、空気で膨らませてベッドにするというものです。

私も、ソファーベッドで寝ていたのですが、古くなってくるとクッションが弱くなったせいか、朝起きた時に腰が痛くなるようになってしまい、処分をしました。
その直後は、床に布団を敷いて寝るようにして、腰が痛くなるのは治ったのですが、やはり床に直接布団を敷いて寝るというのは、寝心地が悪いものです。

その後、エアーベッドを買ってみたのですが、空気を入れるのも簡単ですぐにベッドができ上がり、寝心地も非常に良いです。

空気の量を調整すれば、固めのベッドにしたり、クッションが効いたようなベッドにすることもできます。
私は腰のこともあるので、空気を多めに入れて固めにしておりますが、腰痛が再発することは全くないようです。

ベッド自体が軽いので移動も楽ですし、掃除の時や来客時なども、空気を抜けばすぐに小さくたたむことができ、メリットが多いです。
デメリットとしては、ゴム製のため、寝返りを打つ時などギシギシと少し音がするので、気になる人は注意が必要といったくらいです。

もし、ベッドが古いとか、引っ越しをする時に買い換える際などは、エアーベッドを検討してみていただければと思います。

 

■老眼改善法

40代を過ぎた頃から、老眼に悩まされるという方も多くいらっしゃるかと思います。
老眼については、誰しも通る道ですし、40代で大丈夫であっても、いずれは必ず悩まされることになるでしょう。

老眼自体を改善するのは難しいですが、視力を改善するのではなく、脳機能を上げることで改善する可能性があります。

以前、テレビの情報番組で紹介されていた方法としては、千円札を腕を伸ばして両手に持って上に上げて、透かしを光に当てて見て、その後下に下げて透かしが見えなくなりそうなところで止めて、10秒ほど見た後、また上に上げて透かしを見るというのを繰り返すというものです。

これを毎日行うことで、老眼改善になるそうです。
原理は分かりませんが、脳の視野補間機能を良くする効果があるのかもしれません。

また、ガボールパッチを使うという方法もあります。
ガボールパッチというのは、特殊な画像が並んでいるものですが、説明が難しいので、気になる方はネットで検索してみていただければと思います。

このガボールパッチを30秒ほど見つめて、同じ図形を探すということを毎日行うことで、同様に老眼が改善する可能性があるそうです。
ガボールパッチは、ネットで画像を検索し、スマフォなどで保存して、それを見るようにすれば良いでしょう。

こちらも原理はよく分かりませんが、実際に改善したというデータもあるそうなので、老眼で悩んでいるという方は、試してみる価値はあるかもしれません。

 



関連記事

生活の知恵16

生活の知恵15

嘘を見抜く4

生活の知恵14

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。メールアドレスを入力すると、返信があった時に通知されます。
※が付いている欄は必須項目です。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。