生活の知恵10

0 Comments

image
前回に続き、生活に役立つ知恵を少しご紹介させていただこうと思います。

 

■箱ティッシュを使う時

大した知恵ではないですが、最初に箱ティッシュを開けた時に役立つ知恵です。

箱ティッシュの最初の1枚目はやや取りづらく、取れたとしても2枚目がくっついてきてしまったり、破れてしまうといったことがあるかと思います。
これを劇的に改善する方法があります。

やり方は簡単で、箱ティッシュのフタを空け、ビニールの部分の下にティッシュがあると思いますが、ビニールの部分から下に向かって指で軽く押すだけで良いです。

元々、ビニールの部分とティッシュの隙間が狭いために、取り出しづらくなっていたり、破れたりするのです。
ビニール部分からティッシュを下に向かって押すと、隙間ができます。
この隙間を作ることで、1枚目も取り出しやすくなり、2枚目以降もスムーズに取り出せるようになります。

非常に簡単ですぐに役立てることができる知恵ですので、もし実践していない方がいらっしゃったら、ぜひ試してみていただければと思います。

 

■静電気を逃がす

時期的に少しズレてしまいましたが、静電気を上手に逃がす方法です。

特に冬場は乾燥するため、身体に静電気を溜めやすくなってしまい、指先でドアを触った時に、バチッと音がして激痛が走る時があるかと思います。

静電気を逃がすためのグッズなども色々売られていますが、静電気の性質を知っていれば、回避するのは難しくありません。

家に帰った時にドアノブを触る際に、バチッとくることが多いと思いますが、この時、指先一点で放電してしまうため、激痛が走るのです。

一番良い解決策は、鍵で放電することです。
鍵で放電しても痛みはありませんし、体中の静電気を一気に逃がすことができます。
鍵をドアノブに接触させても良いですし、何も考えずとも鍵を開ける際に、鍵穴から自然と放電されている場合もあります。

カード型の鍵などで放電ができない場合は、手のひらをドアや壁などに触れて放電する方法があります。
ただ、その材質が電気を通さない物だと放電できない場合がありますので、注意が必要です。

その場合は、多少の傷みを覚悟して、手のひら全体でドアノブを一気につかんで放電すれば、それほどの痛みはないと思います。
指先一点で放電してしまうと、その部分に集中して大量の電気が流れることになり、激痛が走りますが、手のひら全体で放電すれば、痛みは軽くなります。

それも嫌な場合は、どこか放電できる壁などを探して、ドアノブに触れる前に、手のひらで触れるようにすれば良いでしょう。
手のひらですら嫌な場合は、何か金属製のものを持って、そこから放電すれば良いと思いますが、その場合はグッズに頼ることになるのかもしれません。

いずれにしましても、この放電ということを意識していれば、静電気の痛みからは逃れることができることになりますので、もし毎回静電気で悩んでいらっしゃる方は、試していただければと思います。

 

■無駄な月額支払いをなくす

知人の話を聞いていて思ったのですが、有料会員サイトなどで、無駄な月額支払いをしている方が多いようです。
もちろん、有効に使っていれば無駄ではありませんが、全く使っていないのに、解約が面倒だからという理由で、無駄に支払い続けていると言うのです。

こういったものは、企業の良いカモとなっていますので、すぐに解約した方が良いでしょう。
大抵の有料会員サイトは、登録は非常に簡単ですが、解約はどこのページにいけば良いのか分かりづらくなっていたり、直接メールなどで依頼しないと解約できないサイトなど、とにかく解約がしにくくなっているところも多いです。
このような悪質なサイトからは、即刻解約すべきです。

少額だから良いかという心理が働いてしまうのも、企業の思うツボです。
少額であっても、一生支払い続けるのはバカらしいので、即刻解約しましょう。

また、サイトによっては有料会員にならずとも、サービスを十分に受けられるものもあります。
例えば、クックパッドサイトの有料会員は、レシピの人気順に検索できたり、ブックマークを無限に利用できるというサービスを受けられますが、グーグルでクックパッドのURLを指定して料理名などで検索すればアクセス数が高い順に表示されますし、レシピ画面のキャプチャ画像を取ってタブレット端末に入れておけば、ブックマークをする必要はありません。

フィットネスクラブなども良い施設もありますが、あまり行かない場合は、解約して自宅でトレーニングをするようにした方が効率的と言えます。
音楽や動画のダウンロードサービスも、有料期間中に一気にダウンロードしてしまい、解約してしまえば出費を抑えられます。(ストリーミング配信などでダウンロード保存が不可能なところも多いので、注意してください)

もし、サービスを受けていないのに、月額費用を取られているものがあるという方は、一度見直して、解約を検討することをお勧めいたします。

 

■iPhoneやApple Watchについて

私事ではありますが、初代から使っていたiPhoneを使うのを止め、Androidに完全移行することにしました。

と言うのも、今までは仕事上でも使うため、Felica付きのガラケーとiPhoneの2台持ちだったのですが、iPhoneが日本の電子マネーに対応するということで、ガラケーを止めてiPhoneのApple Payを利用しようと思ったのです。

しかし、このApple PayはFelicaではないので、Felicaしか対応していないお店では電子マネーで支払うことができなくなり、現金払いとなってしまいました。
また、私が借りている共有オフィスの鍵が、Felicaで開くのですが、iPhone7のApple Payでは対応していないため、結局Felica対応のカードかAndroidが必要になってしまったのです。

また、Apple Payでは指紋認証がほぼ必須となるのですが、私には指紋認証が煩わしく、利用したくないため、これもiPhoneを手放したいと思う理由の一つです。
他にも、電波トラブルなどもあり、ついにiPhoneに見切りをつけ、Androidに完全移行しました。

Androidはカスタマイズにも優れていて、かなり快適です。
Felicaも指紋認証なしで使えますし、画質や性能もiPhoneと大差なく、買い替えて本当に良かったです。

iPhoneが不要になり、Apple Watchも使わないので、中古屋に売ろうとしたのですが、ここでもトラブルが発生しました。
Apple Watchを売る際に、ペアリングが解除されていないと言われたのです。

中古屋に行く前に、iPhone側からペアリング解除しようとしたのですが、Apple Watchの反応がなかったため、やむを得ずApple Watch側から初期化を行ったのですが、初期化してもペアリングが解除されていなかったのです。

そのため、中古屋で売れずに持ち帰り、その後ペアリング解除するために、再度ペアリングしなければならないというワケの分からない状態になりました。
さすがにこれにはAppleに失望しました。
Apple Watch側から初期化したら、ペアリングも解除される仕様にするべきでしょう。

今ではiPhoneに見切りをつけて良かったと思っています。
もし、同じ境遇の方がいらっしゃいましたら、十分に注意していただきたいと思います。

 



関連記事

正しい歩き方、走り方

生活の知恵11

トラブルに遭った時2

サバイバル術

髪の毛の洗い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。