ガスの火が点かなくなったら

0 Comments


今回も生活に役立つかもしれない知恵をご紹介します。

 

■ガスの火が点かない時

私も知らなかったのですが、ガスコンロの火が点かなくなったので、大家さんに相談したところ、電池切れではないかという指摘をされました。

ガスの点火は、電気によって火花を出して着火する仕組みになっているようで、その電源は電池だったのです。
確かに電池を交換したら火が点いたので、単に電池切れだったようです。

電気も契約しているのに、なぜ電池を使っているのかよく分かりませんが、ガスの火が点かなくなった時のために、交換用の電池を用意しておくと良いでしょう。

ガスコンロのつまみを回した時に、チチチと音がしますが、これが火花を出している時の音です。
チチチという音がでない場合は、電池切れや電池の接触不良の可能性があるので、電池の残量や正しく設置されているかを調べてみましょう。

チチチという音が出ているのに火が点かない場合は、ガス側に問題がある可能性があるので、大家さんかガス業者に相談しましょう。

携帯式のガスコンロで火が点かない場合は、ガスが空になっている可能性が高いので、ガス缶を交換します。

まぁ、ご存知だった方も多いかもしれませんが、知らないと無駄にガス業者に頼むことになってしまいますので、知らなかった人は覚えておきましょう。

 



関連記事

トイレが詰まった時

不景気に必要な節約術

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。メールアドレスを入力すると、返信があった時に通知されます。
※が付いている欄は必須項目です。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。