化粧品にも使用期限がある?

0 Comments


※この記事は過去の記事からの再掲載となります。

 

■化粧品の使用期限

化粧品にも使用期限があります。
意外と知られていませんが、女性用の化粧品だけでなく、制汗スプレーや日焼け止めクリームなどにも使用期限はあります。

口に入れるわけでもないのに、なぜこのような使用期限があるのでしょうか?

メーカーの説明では、開封後に酸化や菌などによって劣化することがあるためとのことです。
もちろん、その可能性はあるとは思いますが、使用期限を過ぎて使用しても、それほど問題はないかと思います。

ものによっては、使用期限が3ヶ月と非常に短いものもあるのですが、そんなに短い使用期限があるというのは、早く使わせて商品の回転率を上げているのではないかとも思ってしまいます。
使用期限を設けることで早く使い切らせて、次の商品を早く買ってもらえれば、メーカーはそれだけ利益を上げることができるというわけです。

ただ、これは私の勝手な想像にすぎません。
もしかしたら、何年も放置していた商品を使ったら、品質が劣化していて皮膚が荒れたなどと消費者が裁判に訴えてくるのを、使用期限というもので防いでいるのかしもしれません。

経営者目線で考えるなら、これらような推測はできますが、理由はメーカーによって異なるのかもしれません。
このように、化粧品などで使用期限が書かれてあったら、経営者側の立場で考えてみるのも良いかと思います。
 



関連記事

トイレが詰まった時

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。メールアドレスを入力すると、返信があった時に通知されます。
※が付いている欄は必須項目です。

※コメント送信前に以下をご確認ください。

コメントは承認制になっております。
どんどんお気軽にコメントを投稿していただいても構いませんが、記事の内容と関係ないものは掲載されませんので、ご注意ください。
逆に、記事の内容に沿っていれば、どんな批判的なコメントでも受け入れさせていただきます。

私自身、未熟なことは重々承知しておりますので、批判的なご意見を書き込んでいただくのは大いに結構なのですが、どこをどう改善すれば良いか分からないコメントも多いため、できましたらどの部分がどういった理由でダメなのかや、改善策も述べていただけますと幸いです。